新型コロナ 熱海商議所、12日と19日に「事前予約制」で特別相談窓口 

新型コロナウイルスの感染拡大で深刻な影響が出ている熱海市内の事業所を支援するため、熱海商工会議所は4月12日(日)と19日(日)に事前予約制(午前9時〜午後3時、先着順)の個別相談会「新型コロナウイルス特別相談窓口」を設置する。相談需要が高く、混雑が続いていることから日曜日に特別開催する。1事業所あたり30分から1時間以内。同商議所と市観光経済課の職員が金融・経営の相談を受け、市の経済支援を説明する。

19日はこれらの相談に加え、社会保険労務士が売り上げの減少で従業員を休ませざるを得ない事業所に対し、休業手当の一部を助成する雇用調整助成金の制度や申請手続きを説明する。
申し込みは平日午前9時〜午後5時に、熱海商工会議所(0557ー81ー9251へ。
(熱海ネット新聞) 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-6-6

    ジャカランダ 中止となったフェス開幕日、ひっそりと青紫に染めあげる

    本来なら「ATAMIジャカランダフェスティバル」(6月6日〜21日、熱海市観光協会主催)の…
  2. 2020-6-6

    コロナ禍で前例のない来宮神社例大祭、祭典委員会が粛々と事務所開き

    熱海市の来宮神社例大祭(7月14日〜16日)を前に2020年度の祭典委員会(福井敏幸委員長…
  3. 2020-6-5

    自民県議連、起雲閣で熱海・伊東の経済団体と意見交換 県への要望聴取

    静岡県議会の最大会派「自民党改革会議」の観光産業振興議員連盟(宮沢正美会長)は6月4日、熱…
  4. 2020-6-4

    コロナ対策優先、熱海フォーラム事業凍結 齋藤栄市長が議会で表明 

    熱海市の齋藤栄市長は6月4日、市議会6月定例会で、新型コロナウイルスの感染拡大防止に対応するため、…
ページ上部へ戻る