新緑に癒される季節到来 熱海梅園、フレッシュグリーンに染まる

桜前線が去りつつある熱海市では、青葉がドンドン芽を出し、一年で最も美しい新緑の季節が到来している。梅や紅葉など四季折々で美しい景観、癒しの時間を与えてくれる熱海梅園だが、この時期のフレッシュグリーンが最も好きという人は意外と多い。新鮮な気持ちを蘇らせてくれるからだ。
新型コロナウイルスの流行で、政府は感染者集団「クラスター」の発生を防ぐため外出自粛を要請。大勢の観光客で賑わっていた熱海市街から人通りが消え、熱海梅園も静寂に包まれている。密閉、密集、密接の「3密」を避ければ、公園の散歩は精神衛生上で大切、という専門家の見解もある。ただし、国は外出する際には、せきエチケットの徹底やマスクの着用、他人との距離を一定程度空けることなどを要請している。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-7-8

    熱海の名所めぐる「湯~遊~バス」 7月10日から運行再開 

    小田急グループの伊豆東海バスは、熱海市内の名所旧跡を循環する「湯~遊~バス」の運行を7月10日から…
  2. 2020-7-8

    9月5日の秋の納涼海上花火大会も中止 熱海•伊豆山温泉

    熱海市の伊豆山温泉の観光関連3団体は新型コロナウイルス感染症防止のため、9月5日(土)に予定してい…
  3. 2020-7-7

    8月の熱海海上花火大会、各回とも生中継 日帰り客は自宅で観賞を

    熱海市は、新型コロナウイルス感染防止策として、8月5日から再開する夏季熱海海上花火大会(熱海湾)を…
  4. 2020-7-7

    新社長に富岡篤美氏 エフエム熱海湯河原 多賀・網代の難聴地区解消へ

    熱海市の「エフエム熱海湯河原」はこのほど、定時株主総会・取締役会を開き、役員改選で市内下多賀の旅館…
ページ上部へ戻る