コロナ対策が優先 市議会「熱海成風会」市長に予算組換え要望

熱海市議会(定数15)の自民会派「熱海成風会」(7人)は4月15日、新型コロナウイルス感染拡大に関する緊急の対策要望書を齋藤栄市長に提出した。高橋幸雄代表と杉山利勝幹事長が市長応接室で手渡した。
要望書では、新型コロナウイルスの感染拡大が、市民生活や経済に深刻な不安を与えていることを指摘。本年度執行予定で緊急性のない市営養護老人ホーム「梅園荘」の解体(7千万円)、国際友好都市カスカイス市(ポルトガル)の親善訪問(519万円)の予算を新型コロナウイルス対策に充てることを求めている。また感染終息後に市が予定している予算1億円の誘客キャンペーン(新型コロナウイルス感染症対策第3弾)の前倒しも要求した。他の要望は下記の通り。
(熱海ネット新聞)
■提出者 高橋幸雄、稲村千尋、杉山利勝、川口健、竹部隆、越村修、赤尾光一


【要望内容】
1.感染症対策第3弾・誘客キャンペーン(予算1億円)の前倒し及び「梅園荘の解体」「カスカイス訪問」「議員の行政調査」の予算を見直し、新型コロナウイルス対策に充てる。
2.市内事業所が漏れなく生活給付金や持続化給付金・雇用調整助成金などの給付を受けられるようにサポート体制を構築する。
3.市の水道料金の1カ月ないし2カ月の減免。また県企業局へ対し、県営駿豆水道の費用削減を要求。
4.市内事業者へ一律10万円の給付。
5.旅館・ホテルなど宿泊業者への交付金支給。
6.広報あたみのコロナ対策臨時特集号の発行。
7.市役所(特に市民生活課窓口)のソーシャルディスタンス確保。
8.県のセーフティネット制度(融資)の利子補給の継続。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-2-26

    熱海市で新たに1人がコロナ感染 高齢でない成人 県内陽性者との接触で 

    静岡県は2月26日、熱海市に住む高齢でない成人1人の新型コロナウイルス感染を確認した、と発表した。…
  2. 2021-2-26

    【お悔やみ】有賀輝夫さん(熱海市上多賀)2月24日死去

    有賀輝夫さん(ありが・てるお)2月24日死去、90歳。熱海市上多賀26。出棺3月2日午前11時、J…
  3. 2021-2-25

    市長も愕然 昨年の熱海市の宿泊客数、40%減の185万人 過去最低を記録

    熱海市は2月25日、昨年(2020年)の年間宿泊客数が185万6884人だったと発表した。前年比で…
  4. 2021-2-25

    3月7日の熱海海上花火大会、3月30日に延期 21日、27日は開催の方針

    熱海市ホテル旅館協同組合連合会は2月25日、3月に予定していた計3回の熱海海上花火大会のうち、3月…
ページ上部へ戻る