コロナ経済対策 熱海市が2カ月の家賃補助 4月21日から受付開始

熱海市は、市独自の緊急経済対対策の第1弾として、新型コロナウイルスの影響で苦しむ市内の飲食店などの中小事業者を支援するため、1カ月当たり上限5万円の家賃を2カ月間補助する。直近1カ月の売上高が前年同月比50%(または2カ月分で50%)以上減少した個人を含む熱海市内の事業者が対象で、4月1日から10月31日までに支払う家賃。支援は600事業者を見込み、6000万円を予算に組み込んだ。

受付は4月21日から。申請書類(市のホームページからダウンロードできる)に必要事項を記入し、売上高減少が分かる台帳や、賃貸契約書の写しを添えて市総合福祉センターに申し込む。感染予防のため、郵送でも受け付ける。申請が通れば、申請があった口座におおむね20日で送金する。
(熱海ネット新聞)
■問い合わせ 0557ー86ー6203(熱海市観光経済産業推進室)

熱海市小規模事業者家賃助成金https://www.city.atami.lg.jp/jigyosha/kigyoshien/1007921.html

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-7-8

    休業要請外の売上減事業者 一律10万円給付 申請受付7月17日まで

    新型コロナウイルスのために収入が減った事業者のうち、休業協力金の対象から外れた事業者に熱海市が独自…
  2. 2020-7-8

    熱海の名所めぐる「湯~遊~バス」 7月10日から運行再開 

    小田急グループの伊豆東海バスは、熱海市内の名所旧跡を循環する「湯~遊~バス」の運行を7月10日から…
  3. 2020-7-8

    9月5日の秋の納涼海上花火大会も中止 熱海•伊豆山温泉

    熱海市の伊豆山温泉の観光関連3団体は新型コロナウイルス感染症防止のため、9月5日(土)に予定してい…
  4. 2020-7-7

    8月の熱海海上花火大会、各回とも生中継 日帰り客は自宅で観賞を

    熱海市は、新型コロナウイルス感染防止策として、8月5日から再開する夏季熱海海上花火大会(熱海湾)を…
ページ上部へ戻る