橋本氏と山田氏、熱海市議の報酬 引き下げ提案 6カ月間10%

新型コロナウイルス感染拡大で観光をはじめ、市内経済が大打撃を受けているとして、熱海市議会(定数15)では、厳しい状況に対し、身をもって範を示そうと議員報酬の削減の動きが出ている。「熱海市民クラブ」の橋本一実代表と山田治雄相談役は4月21日、先陣を切る形で「市議報酬の6カ月間、10%削減」を竹部隆議長に提案した。
同クラブによると、削減額は議員報酬が357万円、会派の行政調査費(視察旅行など)が422万円、委員会費用などを合わせて計779万円。その分をし独自の新型コロナウイルス対策に充てることができる。橋本代表は「熱海市の経済は瀕死の状況。失職して収入が絶たれ、暮らしに困る人や事業の閉鎖を余儀なくされているところもある」と窮状を説明。山田相談役は「10%というのは最低額、各会派の同意が得られれば、20%もある」と訴えた。
竹部隆議長は「会派の代表者会議などを開催し、協議してもらう」と述べた。合意が得られれば、臨時議会を開き、条例を改正する。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

    • 齋藤榮
    • 2020年 4月 22日

    この際、職員の厚い出張手当(静岡県庁への出張に新幹線普通運賃と日当を支給して、庁内で回数券をバラ売りして差額は職員へ)や、午後からの会議で直行しますで、在来線で行くとか、午前中のみの打ち合わせで直帰しますとか、行政職員なのでやめましょうぜ。
    8:30に登庁して、適時新幹線を利用する。
    県庁での打ち合わせ終了次第帰庁すべきで15時から静岡で打ち上げとか無しでしょ。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-12-4

    「熱海梅園もみじまつり」 きょう最終日、閉幕惜しみ観光客続々

    11月14日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月5日に全日程を終了し、閉幕する。「日本一遅い紅…
  2. 2021-12-4

    静岡県市町対抗駅伝 熱海市は市の部22位、敢闘賞を受賞

    第22回静岡県市町対抗駅伝競走大会(静岡陸上競技協会、静岡新聞社・静岡放送主催、県、県教委、県スポー…
  3. 2021-12-4

    伊豆山土石流 警戒区域全世帯を長期避難に認定 半壊以下でも最大300万円支援金

    熱海市伊豆山の大規模土石流で、静岡県は12月3日、災害者生活再建支援法に基づく「長期避難世帯」として…
  4. 2021-12-2

    師走迎え、梅の花芽の目覚め進む 大盃も咲きこれで4種開花

    j師走を迎えた熱海梅園でt梅の花芽の目覚めが進んでいる。12月1日は新たに大盃(おおさかずき)が花を…
ページ上部へ戻る