川勝知事が「休業要請・補償」に方針転換 齋藤栄静岡県市長会長の緊急要望で

静岡県市長会の会長を務める齋藤栄熱海市長は4月22日、静岡県庁に川勝平太静岡県知事を訪ね、同町村長会長の太田長八東伊豆町町とともに「休業要請と補償」など県内35市町の統一要望(8項目)を手渡した。田辺信宏静岡市長、小野達也伊東市長、染谷絹代島田市長、菊地豊伊豆市長らが同席した。
新型コロナウイルスに対応する改正特別措置法(新型コロナ特措法)では、知事に休業要請の権限を与えているが、これまで川勝知事は県として休業要請することに慎重な立場をとり、市町に判断を委ねていた。この日の要望を受け、知事は「県内の施設や店舗の事業者に直接、休業を要請し、補償の協力もする」と休業要請に方針転換し、市町に財政支援を行う方針を示した。

補償額など具体的な内容は23日の対策本部で決めるが、25日から5月6日までの休業要請を行い、既に飲食店などに独自の休業要請と協力金支給の方針を示している市町に対し、地方創生臨時交付金でそれぞれの市町が対象にした日から5月6日までの期間で補助する。
また、特措法の対象になっていないナイトクラブやカラオケボックス、パチンコ店、マージャン店などに対しても要請を行い、応じた事業者には協力金として20万円を上限に支給する。

総額50億円規模を想定している知事の判断に、齋藤市長は「大変成果があった。県の首長の代表として来た意味があった」と述べ、要望した特措法の対象外となっている「ホテル旅館への休業要請と補償」についても今後に期待を寄せた。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-11-28

    熱海市の高齢でない男性がコロナ感染 伊東市のクラスター飛び火を警戒 

    静岡県は11月28日、熱海市に住む高齢でない成人男性(20~64歳)の新型コロナウイルス感染を確認…
  2. 2020-11-28

    熱海湾に水中から花火がにょっきり コロナ経済対策の小規模花火大会スタート

    熱海湾で11月27日夜、観光庁の魅力的な誘客コンテンツの補助事業採択を受けた小規模な花火大…
  3. 2020-11-27

    齋藤市長と竹部議長 温泉所在都市を代表して財政支援の要望書提出

    新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、温泉観光地の経済活動に深刻な影響が出ていることを受け、熱…
  4. 2020-11-27

    MOA美術館で「熱海座 第九コンサート」 大晦日に市民100人を無料紹介

    熱海市のMOA美術館は、12月31日に「熱海座 第九コンサート2020」を同美術館能楽堂で開く。ベ…
ページ上部へ戻る