熱海市へ「手指消毒液」贈呈 熱海食品衛生協会、観光協会、商議所

新型コロナウイルスの感染を受け、熱海食品衛生協会と熱海市観光協会、熱海商工会議所の役員が4月28日、熱海市市役所を訪れ、齋藤栄市長に品薄状態が続き、入手が難しくなっている手指の消毒液を贈呈した。

静岡大学発ベンチャー企業「株式会社ユービス」の協力を得て、同社の抗菌・抗ウイルススプレー液「キロール・サニテ」(2000リットルを5箱)を3団体で資金を出し合い、感染防止に役立ててもらおうと購入した。
熱海食品衛生協会の森田会長は「第1便では熱海食品衛生協会の会員に配布した。追加した第2便が届いたので市にお持ちした。有効に活用していただきたい」と話し、市長は「大変ありがたい。市役所への来庁者、職員が感染しないように大切に使わせていただく」と感謝の言葉を述べた。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-1-26

    熱海市、中小事業者に2度目の給付金10万円 1月か12月の売上半減が条件

    熱海市は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言などの影響で売り上げが大幅に減少した中小事…
  2. 2021-1-25

    熱海市で高齢でない成人がコロナ感染 感染経路は県内陽性者との接触/1月25日

    静岡県は1月25日、熱海市に住む高齢でない成人(熱海市87例目、県4256例目)の新型コロナウイル…
  3. 2021-1-24

    熱海富士、序ノ口で優勝 千秋楽の優勝決定戦で連勝 将来の横綱に第一歩

    大相撲初場所は1月24日、東京・両国国技館で千秋楽の取組が行われ、ともえ戦で行われた序ノ口の優勝決…
  4. 2021-1-23

    梅咲けど、熱海梅園の来園者83%減 コロナの影響深刻 市内経済に打撃

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言の影響で熱海梅園で開催中の「梅まつり」の来園者…
ページ上部へ戻る