大型連休スタート 熱海市、コロナ封じに厳戒態勢 観光客流入を警戒

大型連休が始まった4月29日、神奈川県との県境に位置する熱海市は県外からの観光客流入を警戒する厳戒態勢に入った。齋藤栄市長、藤曲敬宏県議、竹部隆市議会議長が観光関係者20人とともに「ステイホーム週間(大型連休の外出自粛)」の周知・啓発に取り組み、陣頭指揮した。
「アタミ温泉郷」の揃いのハッピ姿で渚町の国道135線沿いに「今は静岡に来ないで」「この先 施設休憩中」のノボリ旗を立て、県内への来訪自粛を呼びかけた。特に首都圏などから伊豆半島に向かう県外ナンバーの車両には「コロナ収束後にお越し下さい」とUターンを訴えた。
市長は「やもうえない苦渋の判断。通常であれば大型連休は多くの客様がお越しになる期間。今年は自宅に止まっていただきたい」と述べた。

静岡県は新型コロナウイルス対策としてこの日から5月6日まで神奈川、山梨、愛知県境の主要道路に「いまは静岡に来ないで」「感染拡大防止 Uターン」の看板を設置し、県内への来訪自粛を求めている。首都圏からの玄関口となる熱海市は最重要拠点で、観光客の流入を警戒。国道135号線のほか、有料道路の熱海ビーチライン、伊豆スカイライン熱海峠ICの料金所に「Uターン」を促す看板を設置するなど「水際対策」に取り組んでいる。熱海市ではこの日、新たに2人目の感染者が確認され、新型コロナウイルスとの戦いは正念場ー。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

    • 男気
    • 2020年 5月 02日

    こちら河津町民。
    それでも観光客と分かる他県ナンバーの車多数走行中。
    こっちの住民の約4割が高齢者であるうえに医療機関も十分とは言い難い現状。
    頼むから収束するまでは自粛して欲しい。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-3-8

    東海バスの熱海路線、3月16日から「Suica」「PASMO」乗降OK 

    熱海市内で路線バスを運行する東海バスは、3月16日からSuica(スイカ) 、PASMO(パスモ)…
  2. 2021-3-8

    コロナ禍の熱海梅園「梅まつり」閉幕 首都圏の新規感染者減少で人出増える

    1月9日から熱海梅園で開催されていた「第77回梅まつり」が3月7日閉幕した。9割近くの梅が見ごろ過…
  3. 2021-3-5

    伊豆山神社の神輿渡御、石段下り今年も中止 コロナ禍で2年連続、神事のみ

    熱海市の伊豆山神社例大祭で4月15日に予定されていた御輿渡御と石段下りが昨年に続き、中止されること…
  4. 2021-3-5

    【お悔やみ】東常隆さん(熱海市小嵐町)3月2日死去

    東常隆さん(あずま・つねたか)3月2日死去、82歳。熱海市小嵐町13の7。通夜6日午後6時。告別式…
ページ上部へ戻る