熱海市で新たに3人感染 新型コロナウイルス 1人は小形タクシーの乗務員

静岡県は4月30日、熱海市に住む成人の女性1人と成人の男性会社員2人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。3人は前日感染が明らかになった男性会社員(28日PCR検査で陽性が判明)の同居する家族。濃厚接触者に当たることからPCR検査を実施した結果、29日夜、陽性が判明し、新型コロナウイルス感染が確認された。感染経路は調査中。
このうち、男性会社員の1人は熱海市の「小形(おがた)タクシー」の運転手。4月21日、22日、25日、26日、27日に乗務(いずれも午後1時から翌日午前1時)していたことから、県は感染拡大防止のため、会社名を公表した。「マスクを着用せず、15分以上乗車して発熱や咳(せき)等の体調不良のある人は熱海保健所に申し出てほしい」と呼びかけている。乗務員は運転時、マスクを装着し、窓を開けて換気に努めていた。症状も出ていない。
女性は息苦しさ、もう一人の会社員は少しの咳の症状がある。
市内の感染者は5人に増え、クラスター(集団感染)が懸念されている。
(熱海ネット新聞)
■熱海保健所 0557−82−9125(午前9時〜午後5時)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-11-28

    熱海湾に水中から花火がにょっきり コロナ経済対策の小規模花火大会スタート

    熱海湾で11月27日夜、観光庁の魅力的な誘客コンテンツの補助事業採択を受けた小規模な花火大…
  2. 2020-11-27

    齋藤市長と竹部議長 温泉所在都市を代表して財政支援の要望書提出

    新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、温泉観光地の経済活動に深刻な影響が出ていることを受け、熱…
  3. 2020-11-27

    MOA美術館で「熱海座 第九コンサート」 大晦日に市民100人を無料紹介

    熱海市のMOA美術館は、12月31日に「熱海座 第九コンサート2020」を同美術館能楽堂で開く。ベ…
  4. 2020-11-26

    コロナ対策の「緩み」を警戒 熱海飲食3団体、カラオケ感染防止を強化

    11月に入り、全国でカラオケや接待を伴う飲食店で新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が多発…
ページ上部へ戻る