タクシー会社の同僚、乗客など全員「陰性」 熱海市の新型コロナウイルス感染

静岡県と熱海市は5月3日、4月30日に新型コロナウイルス感染者として公表した熱海市在住の無症状の男性会社員2人の濃厚接触者について、PCR検査をした結果、全員陰性だったと発表した。タクシー会社に勤務する男性の会社の同僚は、全員陰性。またこの男性が乗務したタクシーを利用した乗客で、症状のある人もPCR検査したが陰性だった。

またすし店に勤める男性の店の同僚も全員陰性。この男性が4月21日に立ち寄った市内の飲食店で接触した人もPCR検査したが、全員陰性だった。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-8-10

    網代温泉海水浴場 お盆休みの「密」避け、夏楽しむ 隠れた人気スポット

    熱海市にある3つの海水浴場の一つ、網代温泉水浴場でも8月9日、混雑のピークを迎えた。網代温泉が隆盛…
  2. 2020-8-10

    長浜ビーチに若者らが続々、ピーク突入 8月12日にお盆恒例の花火大会

    お盆休みを迎え、熱海市上多賀の長浜海水浴場でも8月9日、首都圏などの若者を中心に混雑が始まった。今…
  3. 2020-8-10

    熱海サンビーチ、今年一番の混雑 入場制限に備え「五輪対策専門家」配備

    熱海サンビーチで8月9日、今年一番の人出を記録した。今夏はコロナの感染予防のため、熱海市は…
  4. 2020-8-10

    熱海市上宿町で住宅兼会社の火災 1時間後に鎮火、けが人はなし

    12月9日午前3時25分ごろ、熱海市上宿町の三ツ星工業で住宅兼会社の一部を焼く火災があり、約1時間…
ページ上部へ戻る