樹齢2千年のご神木「大楠」に祈念、コロナ終息 来宮神社で「大楠祭」粛々

来宮神社の樹齢二千年のご神木「大楠」前で5月5日、「大楠祭」が斎行され、長寿と健康、新型コロナウイルスの終息を祈念した。感染防止のため、神職5人で神事だけを行い、雨宮盛克宮司が祝詞を奏上し、神職が玉串を捧げた。
例年は、十二単(ひとえ)に身を包んだ巫女が琴と歌、笙(しょう)、篳篥(ひちりき)、龍笛(りゅうてき)に合わせて「大楠の舞」を優雅に披露するが、感染防止のため、取りやめた。

神事を終えた雨宮宮司は「ご神木の大楠は大変生命力が強く、約2000年にわたり、生命を見守り続けている。大楠の神力で新型コロナウイルスが終息し、1日も早く穏やかで賑々しい社会になるよう祈念した」と話し、「大楠の舞は、大楠が新葉を付け、もっとも生命力に満ちあふれる5月5日にだけ捧げる。巫女はこの日のために稽古を続けてきたが、実施すれば参拝客が集まり、中止はやむを得なかった。来年は盛大に開催したい」と続けた。

例年、大型連休は特に多くの参拝客でにぎわうが、今年は政府の緊急事態宣言で7、8割ほど減少している。駐車場にも市外ナンバーの車両が消滅。一方で大楠に健康を祈念する市民は少なくない。
(熱海ネット新聞)

■来宮神社の大楠 高さ26m、幹回り24m。全国2位、本州1位の巨木。大楠の回りを1周すると寿命が1年伸び、誰にも告げず1回りすれば、願い事がかなうと言われている。樹齢2000年超で国の天然記念物。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-9-27

    熱海市でも震度2 静岡、長野、愛知で震度4地震 震源地は静岡県西部

    9月27日午後1時13分ごろ、静岡、長野、愛知の各県で震度4を観測する地震があった。震源地は静岡県…
  2. 2020-9-26

    10月1日から「北斎 冨嶽(ふがく)三十六景」展 MOA美術館

    MOA美術館は10月1日から11月10日まで所蔵展覧会「北斎 冨嶽(ふがく)三十六景」を開催する。…
  3. 2020-9-25

    藤曲敬宏氏、県議会で代表質問 リニア問題で川勝知事と舌戦 

    静岡県議会9月定例会は9月25日、藤曲敬宏(自民改革会議)、伴卓(ふじのくに県民クラブ)の…
  4. 2020-9-24

    熱海銀座の飲食店で20代5人が食中毒 9月7日利用者、サルモネラ菌検出

    静岡県は9月24日、熱海市銀座町の「熱海銀座おさかな食堂」(夜は、おさかな酒場)を9月7日に利用し…
ページ上部へ戻る