「持続化給付金」スマホ申請 熱海「ゑびす屋」異例の無料お助けサービス

熱海市中央町の「鉄板焼 ゑびす屋」(中井正人社長、33)は、新型コロナウイルス感染拡大で収入が減った事業者を支援する「持続化給付金」をオンラインで申請する際の無料お助けサービスを始めた。
政府が実施する給付金の対象は、中小企業、小規模事業者やフリーランスも含む個人事業者。今年1~12月のいずれかの月の売り上げが、前年同月比で50%以上減っているのが条件で、法人200万円、個人事業主100万円を上限に売上減に応じて給付する。返済は不要。

申請はパソコンやスマホを使ったオンラインを基本とし、5月1日から受け付けを開始し、8日から支給が始まった。同店も初日に申請したが、打ち込み方や書類スキャン等で長時間費やした。立ち会った田中秀宝市議が、この体験を市内の事業者に活用してもらおうと無料相談会を提案。中井社長が市の休業要請を受けて5月20日まで営業を休止している同店を使い、午後1時から同5時まで申請者の相談や疑問に応えている。

「電子申請をやったことのない人には、困惑する所が多く、登録するまでが大変。途中で諦める人も多いのでは…。市役所は新型コロナウイルス感染症に伴う支援策の対応に忙しく、プライバシー情報の壁もある。商工会議所は政策金融公庫などの融資相談で手が回らない状態。市内事業所の継続に少しでも役立てればと考えた」と田中市議。趣旨に賛同した市内青葉町の「なべかん」(渡辺徹社長)が「持続化給付金無料相談」の看板を寄贈した。

「ネット申請は難しいと思う事業主も多いでしょうが、実は確定申告書類があれば、スマホでも簡単にできる。分からない点は遠慮なく相談してほしい」と中井社長。
ただし、確定申告の控えに税務署の「収受印」が 必要で、e-taxで電子申告(受信メールで通知)した人以外は確認が必要。印がない人は控えを持参して税務署に行き、収受印をもらう必要がある。
申請が受け付けられれば、通常2週間程度で、給付通知書を発送登録した口座に入金される。政府は今年度補正予算に約2兆3000億円を盛り込んでいるが、申請が殺到していることから、オーバーフローは必至。早めの申請が肝要だ。
(熱海ネット新聞・松本洋二)
■問い合わせ 0557ー85ー4158(鉄板焼 ゑびす屋)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-12-2

    師走の熱海市 日本最速で春景色 日本一美しい通学路、さくら満開

    県立熱海高校の通学路を兼ねて新たな観光名所にしようと熱海市が15年かけて整備した「さくらの…
  2. 2020-12-1

    熱海市の高齢者がコロナ感染 感染経路は調査中 市46例目

    静岡県は12月1日、熱海市に住む高齢者(65歳以上)の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。…
  3. 2020-12-1

    日本で唯一無二 紅白梅、あたみ桜と共演 熱海梅園もじまつり最終章

    「日本一遅い紅葉」で知られる熱海梅園で12月1日、380本ある楓(かえで)類が深い赤やオレ…
  4. 2020-12-1

    熱海市消防職員を暴行の疑いで逮捕 交通トラブルで車のドア蹴る

    熱海署は11月30日、暴行の疑いで熱海市消防署の職員(48)を逮捕した。27日午後11時ごろ、市内…
ページ上部へ戻る