初夏の陽気 熱海・親水公園で南アフリカの国花「キング・プロテア」が見頃

熱海市内は5月11日朝から高気圧に覆われ、昼過ぎに27・3度まで上昇。7月上旬並の陽気となった。渚親水公園では南アフリカの国花で花木の王様とも呼ばれる「キング・プロテア」が見頃を迎え、新型コロナウイルスの影響で暗然とする熱海を励ますかのように明るい雰囲気を醸し出している。
緊急事態宣言で観光客の姿はないが、感染予防にマスクを着けた地元の人などが時おり散歩に訪れ、強い日差しに目を細めながら見入るなど、気分転換を図る姿が見られた。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-7-8

    熱海の名所めぐる「湯~遊~バス」 7月10日から運行再開 

    小田急グループの伊豆東海バスは、熱海市内の名所旧跡を循環する「湯~遊~バス」の運行を7月10日から…
  2. 2020-7-8

    9月5日の秋の納涼海上花火大会も中止 熱海•伊豆山温泉

    熱海市の伊豆山温泉の観光関連3団体は新型コロナウイルス感染症防止のため、9月5日(土)に予定してい…
  3. 2020-7-7

    8月の熱海海上花火大会、各回とも生中継 日帰り客は自宅で観賞を

    熱海市は、新型コロナウイルス感染防止策として、8月5日から再開する夏季熱海海上花火大会(熱海湾)を…
  4. 2020-7-7

    新社長に富岡篤美氏 エフエム熱海湯河原 多賀・網代の難聴地区解消へ

    熱海市の「エフエム熱海湯河原」はこのほど、定時株主総会・取締役会を開き、役員改選で市内下多賀の旅館…
ページ上部へ戻る