初夏の陽気 熱海・親水公園で南アフリカの国花「キング・プロテア」が見頃

熱海市内は5月11日朝から高気圧に覆われ、昼過ぎに27・3度まで上昇。7月上旬並の陽気となった。渚親水公園では南アフリカの国花で花木の王様とも呼ばれる「キング・プロテア」が見頃を迎え、新型コロナウイルスの影響で暗然とする熱海を励ますかのように明るい雰囲気を醸し出している。
緊急事態宣言で観光客の姿はないが、感染予防にマスクを着けた地元の人などが時おり散歩に訪れ、強い日差しに目を細めながら見入るなど、気分転換を図る姿が見られた。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-9-22

    熱海市の最高齢者は女性105歳、男性103歳 今年度100歳は18人

    熱海市は、9月21日の敬老の日に合わせて市内の100歳以上の高齢者の状況(9月21日現在)を発表し…
  2. 2020-9-22

    秋分の日、熱海梅園でヒガンバナ見頃 秋の一日をスマホで切り取り

    秋分の日の9月22日、熱海梅園でヒガンバナ(彼岸花、別名:曼珠沙華=マンジュシャゲ)が見頃…
  3. 2020-9-21

    4連休、若い世代の観光客どっと 熱海市、コロナ禍以前のにぎわい戻る

    4連休さなかの9月21日、熱海市内には首都圏などから若い世代の大勢の観光客が訪れ、コロナ禍…
  4. 2020-9-21

    40代の兄弟逮捕 熱海市和田町の住宅に死体遺棄容疑

    熱海市和田町の住宅に身元不明の男性の遺体を遺棄したとして、熱海署は9月20日、三島市の40代の兄弟…
ページ上部へ戻る