降り注ぐ薄紫のシャワー 熱海・笹良ケ台で自生のフジが甘い香り

熱海市街から姫の沢公園に向かう笹良ケ台バス停近くに自生するフジの花が見頃を迎え、車で行き交う人たちの目を楽しませている。房状に垂れ下がった淡い紫色の可憐な花がほのかな甘い香りを漂わせ、頭の上からシャワーのように降り注ぐ。
今年は新型コロナウイルスの感染拡大で車両が少なく、安全なところに車を止めてしばしの森林浴、リフレッシュする人もいる。日一日と咲く花が増えており、新葉の緑と空色に藤色がよく映える。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-4-19

    【お悔やみ】秋山和歌子さん(熱海市上多賀)4月17日死去

    秋山和歌子さん(あきやま・わかこ)4月17日死去、75歳。熱海市上多賀743。モンマート伊豆弥。通…
  2. 2021-4-18

    「まん延」で首都圏の日帰り客激減 宿泊客がゆったり花火見物

    今年度最初の熱海海上花火大会が4月17日、熱海湾で開催された。前線の影響で小雨が降り続く中…
  3. 2021-4-17

    「初島ところ天祭り」2年連続で中止 首都圏のコロナ感染再拡大で

    熱海市の初島区事業共同組合は、第46回「初島ところ天祭り」の中止を決めた。同組合は例年5月…
  4. 2021-4-16

    色鮮やかなツツジ、今年も晩春パノラマ MOA美術館「水晶殿」

    熱海市のMOA美術館のエスカレーター入口近くの展望台「水晶殿」でツツジが見ごろを迎えた。台…
ページ上部へ戻る