熱海の夜空で月と火星、土星、木星が共演 「巣ごもり」気分転換は天体観測で

5月15日未明、熱海市の南東の空で火星、土星、木星が並び、下弦の月がそのそばを通り過ぎていく天体ショーが始まった。17日まで続き、この夜は月のそばで赤く輝く火星が際立った。同じ惑星でも、木星が太陽系の中で大きさ、質量とももっとも大きい(2・2等)のも容易に見て取れる。
一つの視野の中で3つの惑星を観ることができるのは大変珍しく、日ごとに細くなる月が位置を変えて共演する。16、17日は地上から約400km上空に建設された国際宇宙ステーションの日本実験棟「きぼう」が日本列島上空を通過するため、条件が揃えば地上から肉眼で見ることができるという。

政府は14日に静岡県を含む39県で新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言を解除。自粛は緩和されたが、安倍晋三首相は「まだリスクは残っている。引き続き気を緩めることなく、外出自粛などに協力し、5月中の県境を跨ぐ移動は控えてもらいたい」と要請している。「巣ごもり」の気分転換を図るには、自宅のベランダや庭などでも楽しめる天体観測がお勧めだ。
(熱海ネット新聞・天体取材班)
写真=5月15日未明(熱海熱海サンビーチ近くのムーンテラス)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-6-6

    コロナ禍で前例のない来宮神社例大祭、祭典委員会が粛々と事務所開き

    熱海市の来宮神社例大祭(7月14日〜16日)を前に2020年度の祭典委員会(福井敏幸委員長…
  2. 2020-6-5

    自民県議連、起雲閣で熱海・伊東の経済団体と意見交換 県への要望聴取

    静岡県議会の最大会派「自民党改革会議」の観光産業振興議員連盟(宮沢正美会長)は6月4日、熱…
  3. 2020-6-4

    コロナ対策優先、熱海フォーラム事業凍結 齋藤栄市長が議会で表明 

    熱海市の齋藤栄市長は6月4日、市議会6月定例会で、新型コロナウイルスの感染拡大防止に対応するため、…
  4. 2020-6-3

    【動画】イベント自粛中の熱海梅園でゲンジボタル、ひっそりと幻想的な光のショー 

    例年なら6月上旬は初夏の風物詩「熱海梅園初川清流ほたる鑑賞の夕べ」の真っ只中。多くの観光客や市民が…
ページ上部へ戻る