国際宇宙ステーション、熱海を通過 日本実験棟「きぼう」流れ星のように輝く

5月17日夜、熱海ネット新聞は地球から約400キロ・メートル上空に建設された国際宇宙ステーション(ISS)が熱海を通過する様子を写真に収めた。午後8時ちょっと前、日本画の巨匠横山大観ゆかりの宿「熱海大観荘」(熱海市林ガ丘町)の上空を飛行機よりも速めのスピードで、流れ星のように輝いて通過した。

ISSはサッカー場とほぼ同じ大きさで、船内には各国の実験棟があり、約90分で地球を1周しながら、実験や研究、天体観測をしている。日本実験棟「きぼう」では、無重力空間を使った医薬品の生成実験などが行われている。新型コロナウイルスの治療薬開発に期待が高まる。
(熱海ネット新聞・天体取材班)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-1-26

    熱海市、中小事業者に2度目の給付金10万円 1月か12月の売上半減が条件

    熱海市は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言などの影響で売り上げが大幅に減少した中小事…
  2. 2021-1-25

    熱海市で高齢でない成人がコロナ感染 感染経路は県内陽性者との接触/1月25日

    静岡県は1月25日、熱海市に住む高齢でない成人(熱海市87例目、県4256例目)の新型コロナウイル…
  3. 2021-1-24

    熱海富士、序ノ口で優勝 千秋楽の優勝決定戦で連勝 将来の横綱に第一歩

    大相撲初場所は1月24日、東京・両国国技館で千秋楽の取組が行われ、ともえ戦で行われた序ノ口の優勝決…
  4. 2021-1-23

    梅咲けど、熱海梅園の来園者83%減 コロナの影響深刻 市内経済に打撃

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言の影響で熱海梅園で開催中の「梅まつり」の来園者…
ページ上部へ戻る