国際宇宙ステーション、熱海を通過 日本実験棟「きぼう」流れ星のように輝く

5月17日夜、熱海ネット新聞は地球から約400キロ・メートル上空に建設された国際宇宙ステーション(ISS)が熱海を通過する様子を写真に収めた。午後8時ちょっと前、日本画の巨匠横山大観ゆかりの宿「熱海大観荘」(熱海市林ガ丘町)の上空を飛行機よりも速めのスピードで、流れ星のように輝いて通過した。

ISSはサッカー場とほぼ同じ大きさで、船内には各国の実験棟があり、約90分で地球を1周しながら、実験や研究、天体観測をしている。日本実験棟「きぼう」では、無重力空間を使った医薬品の生成実験などが行われている。新型コロナウイルスの治療薬開発に期待が高まる。
(熱海ネット新聞・天体取材班)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-6-6

    コロナ禍で前例のない来宮神社例大祭、祭典委員会が粛々と事務所開き

    熱海市の来宮神社例大祭(7月14日〜16日)を前に2020年度の祭典委員会(福井敏幸委員長…
  2. 2020-6-5

    自民県議連、起雲閣で熱海・伊東の経済団体と意見交換 県への要望聴取

    静岡県議会の最大会派「自民党改革会議」の観光産業振興議員連盟(宮沢正美会長)は6月4日、熱…
  3. 2020-6-4

    コロナ対策優先、熱海フォーラム事業凍結 齋藤栄市長が議会で表明 

    熱海市の齋藤栄市長は6月4日、市議会6月定例会で、新型コロナウイルスの感染拡大防止に対応するため、…
  4. 2020-6-3

    【動画】イベント自粛中の熱海梅園でゲンジボタル、ひっそりと幻想的な光のショー 

    例年なら6月上旬は初夏の風物詩「熱海梅園初川清流ほたる鑑賞の夕べ」の真っ只中。多くの観光客や市民が…
ページ上部へ戻る