熱海市の休業要請、5月20日で解除 飲食店など明日から営業再開

熱海市はきょう5月20日で新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、4月25日から続けてきた市内の宿泊施設、観光施設、飲食店への休業要請(4月25日〜5月6日、5月7日〜20日)を解除する。21日から各事業所は、それぞれの業種や施設ごとのガイドラインなどに沿って感染防止策を講じ、営業を再開する。これで大型連休とその後、2週間続いた市ぐるみ休業が終わり、熱海の社会経済が徐々に再始動する。
公共施設、駐車場は、特定警戒都道府県に指定されている首都圏からの来訪者の流入を抑制する必要があることから、5月31日まで休止を続ける。
(熱海ネット新聞)
■齋藤栄市長 今後は「新しい生活様式」として、三密を避ける、マスク着用、手洗いなどを心掛けていただきたい。5月31日までの間は、都府県をまたいだ移動は原則控えてほしい。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-6-6

    コロナ禍で前例のない来宮神社例大祭、祭典委員会が粛々と事務所開き

    熱海市の来宮神社例大祭(7月14日〜16日)を前に2020年度の祭典委員会(福井敏幸委員長…
  2. 2020-6-5

    自民県議連、起雲閣で熱海・伊東の経済団体と意見交換 県への要望聴取

    静岡県議会の最大会派「自民党改革会議」の観光産業振興議員連盟(宮沢正美会長)は6月4日、熱…
  3. 2020-6-4

    コロナ対策優先、熱海フォーラム事業凍結 齋藤栄市長が議会で表明 

    熱海市の齋藤栄市長は6月4日、市議会6月定例会で、新型コロナウイルスの感染拡大防止に対応するため、…
  4. 2020-6-3

    【動画】イベント自粛中の熱海梅園でゲンジボタル、ひっそりと幻想的な光のショー 

    例年なら6月上旬は初夏の風物詩「熱海梅園初川清流ほたる鑑賞の夕べ」の真っ只中。多くの観光客や市民が…
ページ上部へ戻る