えっ、もう「あたみ桜」開花 新型コロナで経済冷え込み、狂い咲き

熱海市の糸川遊歩道であたみ桜が季節外れに咲き、話題になっている。例年、あたみ桜は1月初旬に咲き始め、2月上旬まで続く。2008年に植栽されて以来、この時期に花を咲かせるのは初めて。季節外れの狂い咲きー。
桜は冬のはじめに入ると休眠し、真冬の寒さに一定期間さらされると、成長を促す植物ホルモンが供給され、休眠状態が解除されて開花する。これを「休眠打破」というのだそうだが、まさにこの状態。熱海はこの1カ月余り、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で観光客がぷつりと消え、社会経済が冷え切っていた。
それが政府の「緊急事態宣言」解除で、様々な店舗が営業を再開。この微妙な空気の暖まりが糸川のあたみ桜の成長ホルモンを刺激したようだ。1本だけだが、数輪かれんなピンクの花を咲かせている。

糸川遊歩道では、市の花「ブーゲンビリア」が見頃を迎えつつある。例年、6月に最盛期を迎え、7月初旬まで続く。観賞に訪れた際は、あたみ桜にも目を注いでほしい。
(熱海ネット新聞・松本洋二)
写真=5月20日撮影
■あたみ桜 熱海の「市の木」で日本で最も早く咲く桜。沖縄のカンヒザクラとヤマザクラの自然雑種。開花期間は1カ月以上。明治4年頃、イタリア人によって熱海にもたらされた。見頃は1月下旬〜2月上旬。河津桜の開花は2月上旬

糸川
熱海市役所前の花広場

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-9-18

    菅内閣、国土交通副大臣に岩井茂樹氏 内閣府副大臣と復興副大臣を兼務

    政府は9月18日の閣議で、菅内閣発足に伴う副大臣と政務官の人事を決めた。副大臣人事では、国土交通副…
  2. 2020-9-18

    熱海市民向け宿泊プラン 神奈川・静岡県民も対象に 宿泊5千円補助

    川口健市議 熱海市は、新型コロナウイルス感染症拡大に伴う緊急経済対策として独自に実施していた…
  3. 2020-9-18

    熱海市のコロナ感染者比率県内トップ 人口10万人に置き換えと106人

    杉山利勝市議 熱海市議会9月定例会の一般質問が9月17日始まり、各議員から新型コロナウイルス…
  4. 2020-9-17

    ホテル「ISHINOYA熱海」オープン 斜面型集合住宅「熱海パサニア」改修

    全国で貸し会議室や宿泊研修ホテルを手がけるティーケーピー(TKP、本社・東京都新宿区)は9…
ページ上部へ戻る