熱海医師会に防御服とマスク寄贈 木村土木と熱海JC コロナ第2波に活用

新型コロナウイルスの診察や検査に役立ててもらおうと、伊豆の国市の建設会社「木村土木」と熱海青年会議所(JC)は5月21日、熱海医師会にアズベスト除去工事などに使用している防護服30着と医療用サージカルマスク3000枚を寄贈した。防御服は同社の木村信太郎社長が「熱海の医療従事者の役に少しでも立てれば」と岩井茂樹参院議員に打診し、自民党熱海支部が仲介して贈った。市内清水町の熱海医師会での寄贈式には、藤曲敬宏県議、稲村千尋市議が同席した。
同社はこれまで伊東市民病院や今井浜病院(河津町)などの医療機関や南伊豆町、松崎町などの自治体に寄贈してきた。足立達男専務は「わずかな量だが、感染の可能性が高い中で働く熱海の医療従事者に役に立ててほしい」と述べた。

熱海青年会議所は水谷光一郎理事長、櫻井清孝顧問、安井誠専務理事が訪れ、高品質の医療用サージカルマスクを寄贈した。水谷理事長は「医療の最前線で熱海を守って頂いている医療機関の皆さんに感謝している。少しでも協力できれば思い、会員の人脈を駆使し、品質を精査して買い求めた」と話した。
熱海医師会の鈴木卓会長は「資材が足りていない状況で大変ありがたい。防御服もマスクを新型コロナウイルスの第2波、第3波に備えて有効に活用する」と感謝した。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-7-8

    9月5日の秋の納涼海上花火大会も中止 熱海•伊豆山温泉

    熱海市の伊豆山温泉の観光関連3団体は新型コロナウイルス感染症防止のため、9月5日(土)に予定してい…
  2. 2020-7-7

    8月の熱海海上花火大会、各回とも生中継 日帰り客は自宅で観賞を

    熱海市は、新型コロナウイルス感染防止策として、8月5日から再開する夏季熱海海上花火大会(熱海湾)を…
  3. 2020-7-7

    新社長に富岡篤美氏 エフエム熱海湯河原 多賀・網代の難聴地区解消へ

    熱海市の「エフエム熱海湯河原」はこのほど、定時株主総会・取締役会を開き、役員改選で市内下多賀の旅館…
  4. 2020-7-5

    小池知事「都民は他県への移動遠慮を」静岡県「見えない感染者」警戒

    東京都で新型コロナウイルスの感染者が3日連続で100人を超えたのを受け、小池百合子知事は7月4日、…
ページ上部へ戻る