国際友好都市「中国・珠海市」からマスク8千枚届く 熱海市、支援に感謝

熱海市が国際友好都市の協定を結んでいる中国広東省の珠海市から8千枚のマスクが贈られた。交流の窓口となる中国国際貿易促進委員会珠海市分会から、熱海国際経済交流会(鵜澤精一会長)に届き、5月21日、加藤崇夫事務局長が市役所で齋藤栄市長に手渡した。
両市の交流は川口市雄前市長時代の2000年から市民や観光関係者などの民間主導で始まり、2004年7月25日に起雲閣で国際友好都市提携を調印。市内東町のお宮緑地に記念として珠海市の木「ハナズオウ」を植樹した。以降、毎年、熱海市の中学生が夏休みに珠海を訪れて現地家庭にホームステイしたり、珠海市職員が熱海市役所でインターンシップを体験するなど、様々な交流を続けてきた。
マスクを梱包した段ボールには「郷里が違っても、同じ月を観る仲間だ」という意味の「青山一道同雲雨明月何曽両郷」のメッセージが添えられている。

齋藤栄市長は「交流の取り組みが、こうした温かな支援につながったのだと思う。マスクはまだ充分でなく、教育と健康福祉の分野で活用させていただく」と述べ、仲介した熱海国際経済交流会の労をねぎらうとともに、「私からもあらためて珠海市に感謝の気持ちを伝える」と語った。
(熱海ネット新聞)
■ 珠海(じゅかい)市 中華人民共和国南部の都市で、1980年に中国初の「経済特区」に。人口158万人。東は香港、南はマカオと陸続きで中国で最も美しい海浜都市の一つ。「中国のリビエラ」とも呼ばれている。かつて真珠の採取がさかんだったことから「珠海市」と命名。

熱海市と珠海市…https://www.city.atami.lg.jp/shisei/atamishi/1001254/1001255.html

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-6-6

    コロナ禍で前例のない来宮神社例大祭、祭典委員会が粛々と事務所開き

    熱海市の来宮神社例大祭(7月14日〜16日)を前に2020年度祭典委員会(福井敏幸委員長)…
  2. 2020-6-5

    自民県議連、起雲閣で熱海・伊東の経済団体と意見交換 県への要望聴取

    静岡県議会の最大会派「自民党改革会議」の観光産業振興議員連盟(宮沢正美会長)は6月4日、熱…
  3. 2020-6-4

    コロナ対策優先、熱海フォーラム事業凍結 齋藤栄市長が議会で表明 

    熱海市の齋藤栄市長は6月4日、市議会6月定例会で、新型コロナウイルスの感染拡大防止に対応するため、…
  4. 2020-6-3

    【動画】イベント自粛中の熱海梅園でゲンジボタル、ひっそりと幻想的な光のショー 

    例年なら6月上旬は初夏の風物詩「熱海梅園初川清流ほたる鑑賞の夕べ」の真っ只中。多くの観光客や市民が…
ページ上部へ戻る