緊急事態の全面解除で警戒 首都圏からの観光客が7〜8割の熱海市


政府は5月25日、新型コロナウイルス特別措置法に基づく緊急事態宣言が継続中だった北海道と首都圏の東京、埼玉、千葉、神奈川の計5都道県を対象から外し、全面解除した。安倍晋三首相は31日までは引き続き、県をまたぐ移動の自粛を求めているものの、首都圏からの観光客が7〜8割を占める熱海市の齋藤栄市長は「解除されても県外からすぐに観光客を呼び込めるわけではない。まずは引き続き、県内から客を呼び込みながら経済を動かさざるを得ないく」と述べた。

市は21日から宿泊施設、飲食店などの休業要請を解除したが、市営の駐車場や市営の観光施設は今月末まで継続。JR熱海駅の利用者も日ごとに増えてきていることから、あらためて各業界団体に「感染防止策をとりながら営業してほしい」と呼びかけ、警戒を強めている。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-1-22

    大相撲デビューの熱海富士、序ノ口で6勝1敗 千秋楽の優勝決定戦へ 

    大相撲初場所は1月22日、東京・両国国技館で13日目の取組が行われ、東序ノ口25枚目の熱海富士(1…
  2. 2021-1-22

    熱海市で高齢でない女性がコロナ感染 感染経路は県外陽性者との接触/1月22日

    静岡県は1月22日、熱海市に住む高齢でない成人の女性(熱海市68例目、県4101例目)の新型コロナ…
  3. 2021-1-22

    熱海市昭和町の雑居ビル火災 遺体の身元が判明 59歳の住人女性

    1月9日に熱海市昭和町のアパートや事務所が入った雑居ビルが全焼した火災で、焼け跡から見つかった遺体…
  4. 2021-1-22

    今宮神社、節分豆まきを中止 神事と福引きの抽選は実施

    熱海市の今宮神社は、2月2日に予定していた「節分豆祭」の豆まきの中止を決めた。午後5時から節分祭神…
ページ上部へ戻る