熱海市の一斉清掃始まる 先陣切って西山町内会、三密避け各組が分散開催

熱海市では毎年6月の第1日曜日を中心に、梅雨時期の衛生向上と夏の観光シーズンに備えて各町内会が河川や市道の側溝などの一斉掃除を行う。しかし、今年は新型コロナウイルスの感染防止のため、それぞれの町内会が日時をずらしたり、各組ごとに実施したりして、分散して開催する。
西山町内会(22組で構成)では、休校していた市内の小中学校が6月1日から再開することから、予定を早めて5月31日に実施。第一小学校や来宮神社周辺などの側溝や垣根の雑草を除去した。この内、14組では竹部隆町内会長(市議会議長)など17人が参加し、午前8時から約2時間にわたって汗を流した。竹部町内会長は「高齢化が進む中、毎年、この清掃に参加するために帰省する若い人もおり、大変助かっている。欠かせない町内行事」と話した。
一部の組は次週に開催する。

今年の来宮神社例大祭は、新型コロナウイルスの影響で規模を縮小し、神事だけを斎行するが、祭りを迎える準備は粛々と進んでいる。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-3-3

    標高500mで凛と咲く…姫の沢公園で水仙が見頃 本格的な春の訪れ 

    熱海市の姫の沢公園公園でひときわ目立つ黄色い水仙(スイセン)や鈴蘭(スズラン)のような白い…
  2. 2021-3-3

    熱海市で新たに1人がコロナ感染、高齢でない成人男性 3月3日

    静岡県は3月3日、熱海市に住む高齢でない成人男性の新型コロナウイルス感染を確認した、と発表した。熱…
  3. 2021-3-3

    3月9、10日に市議会「一般質問」 副市長2人制やコロナ諸問題で論戦 

    熱海市議会2月定例会は3月9、10日に一般質問を行う。竹部隆議長・橋本一実副議長と高橋幸雄氏を除く…
  4. 2021-3-3

    熱海市長の施政方針 「ピンチをチャンスに変え、反転攻勢に向けた施策」全掲

    熱海市は市議会2月定例会に180億300万円の新年度一般会計当初予算案を上程した。市長は「回復から…
ページ上部へ戻る