アベノマスク、熱海市でも配布始まる 2万1588世帯3万6417人へ

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、政府が全戸に届ける布マスクの配達が熱海市でも始まった。2枚1組で3密の注意や手入れ法を記した案内文が添えられている。安倍晋三首相が4月1日に466億円の費やし、全戸配布を表明してから2カ月、今週中に市内2万1588世帯(3万6417人)に順次届く。厚労省マスク対策班によれば、6月2日現在、静岡県内の配布率は約1割という。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-4-22

    26日からワクチン予約開始 申し込み殺到に備え、受付電話を午後8時まで延長 

    熱海市は、65歳以上(約1万7800人)を対象とした新型コロナウイルスのワクチン接種の予約受け付け…
  2. 2021-4-22

    【お悔やみ】下村征夫さん(熱海市西熱海町)4月20日死去

    下村征夫さん(しもむら・いくお)4月20日死去、79歳。熱海市西熱海町2の11の10。通夜23日午…
  3. 2021-4-21

    「プリンス スマート イン 熱海」開業 スマホ完結の“非接触型”ホテル

    プリンスホテルは4月21日、低料金の新ホテル「プリンス スマート イン 熱海」(地上8階…
  4. 2021-4-20

    熱海保健所管内でコロナ変異株初確認 すでに発表している20代男性

    静岡県は4月20日、すでに発表している新型コロナウイルス感染者の内、熱海保健所管内の20代男性の変…
ページ上部へ戻る