熱海市街、鮮やかな赤や赤紫に染まる ブーゲンビリアが一斉に満開

熱海市ではブーゲンビリアが満開を迎え、鮮やかな赤や赤紫(マゼンタ)の花が初夏の街並みを南国ムードに彩っている。花の名所、糸川遊歩道では川を覆うように彩り、観光客や市民の目を楽しませている。今の花は6月いっぱい花を咲かせ、9月と11月にも繰り返し咲き、「花の街・熱海」を牽引する。
糸川のブーゲンビリアは、2004年の「熱海花の博覧会」に合わせ、ブーゲンビリア愛好家の市民たちが植栽を始め、一時は1200本まで数を増やし、花の名所となった。しかし、市の遊歩道沿いをあたみ桜に統一する整備でが進み、ブーゲンビリアは移植したり、伐採されたりして現在残っているのは45本。

「熱海ブーゲンビリアの会」(富田榮仁会長=カフェ季の環)は、残された糸川のブーゲンビリアの手入れをするとともに、挿し木によって市内の愛好家などに配り、今では中央町の「おふくろの味 るい」、昭和町の「フジマ電気商会」、小嵐町の旅館「新かどや」など百軒を超す一般家庭や店舗で花を咲かせている。熱海市役所や上多賀、下多賀でも街中を彩っている。
(熱海ネット新聞・花取材班)
写真=6月2日撮影
■ブーゲンビリア 南米(ブラジル) 産のオシロイバナ科イカダカズラ属の熱帯性低木。花のように見えるのは、実際には、苞(ほう)と呼ばれるもので、苞が3枚集まったその中心に咲いている小さな白いものが花。苞は風に吹かれてヒラヒラと舞い、南国ムードを醸し出す。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-11-28

    熱海市の高齢でない男性がコロナ感染 伊東市のクラスター飛び火を警戒 

    静岡県は11月28日、熱海市に住む高齢でない成人男性(20~64歳)の新型コロナウイルス感染を確認…
  2. 2020-11-28

    熱海湾に水中から花火がにょっきり コロナ経済対策の小規模花火大会スタート

    熱海湾で11月27日夜、観光庁の魅力的な誘客コンテンツの補助事業採択を受けた小規模な花火大…
  3. 2020-11-27

    齋藤市長と竹部議長 温泉所在都市を代表して財政支援の要望書提出

    新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、温泉観光地の経済活動に深刻な影響が出ていることを受け、熱…
  4. 2020-11-27

    MOA美術館で「熱海座 第九コンサート」 大晦日に市民100人を無料紹介

    熱海市のMOA美術館は、12月31日に「熱海座 第九コンサート2020」を同美術館能楽堂で開く。ベ…
ページ上部へ戻る