特別定額給付金10万円 郵送申請分の振込み開始、初日は495世帯 熱海市

国が国民1人当たり現金10万円を配る「特別定額給付金」の郵送申請者への給付が6月2日、熱海市でも始まった。初日の2日は495世帯、3日は312世帯に振り込みを実施した。
市は、5月23日に各家庭に申請書を郵送。返送されてきた書類に誤りがないかをチェックした後、金融機関に振り込みを依頼する。データ入力や本人確認書類との照合など手間のかかる作業が多く、振り込み日は「郵便局から申請書が届いてから2週間以内」としている。申請書の記入等に不備があった場合は、電話等で申請者に連絡するという。不備がなければ、順次振り込まれる。
(熱海ネット新聞)
■問合わせ 市役所特別定額給付金室 ☎0557(86)6390・6391・6417・6418

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-2-24

    渚親水公園の大寒桜が満開 首都圏から熱海サンビーチに行楽客繰り出す

    春の日差しが続く熱海市の渚親水公園市営駐車場で、19本の大寒桜(おおかんざくら)が満開を迎…
  2. 2021-2-24

    「坂町の寺桜」が満開 熱海に春到来 2度の大火を生き抜いた幸運の桜

    熱海市のホテル貫一前(道路向かい)にある「坂町の寺桜」が満開となり、熱海に本格的な春の到来を感じさ…
  3. 2021-2-23

    21世紀枠の三島南は鳥取城北と初戦 選抜高校野球 組み合わせ決まる

    3月19日に開幕する第93回選抜高校野球大会(甲子園球場)の組み合わせ抽選会が2月23日、史上初め…
  4. 2021-2-23

    春うらら 梅園の梅、60種中59種が咲きそろう 来園者たちも春の装いに

    熱海市内は2月22日、高気圧に覆われた影響で晴れ間が広がり、最高気温21•1度を記録し、5…
ページ上部へ戻る