特別定額給付金10万円 郵送申請分の振込み開始、初日は495世帯 熱海市

国が国民1人当たり現金10万円を配る「特別定額給付金」の郵送申請者への給付が6月2日、熱海市でも始まった。初日の2日は495世帯、3日は312世帯に振り込みを実施した。
市は、5月23日に各家庭に申請書を郵送。返送されてきた書類に誤りがないかをチェックした後、金融機関に振り込みを依頼する。データ入力や本人確認書類との照合など手間のかかる作業が多く、振り込み日は「郵便局から申請書が届いてから2週間以内」としている。申請書の記入等に不備があった場合は、電話等で申請者に連絡するという。不備がなければ、順次振り込まれる。
(熱海ネット新聞)
■問合わせ 市役所特別定額給付金室 ☎0557(86)6390・6391・6417・6418

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-8-12

    熱海はうだるような暑さ 今年最高の36度、初の猛暑日 夜も熱帯夜

    熱海市は8月12日も厳しい暑さが続き、網代で午後1時36分に今年最高の36度を観測。今年初めて猛暑…
  2. 2020-8-12

    濃いピンク、夏の代表花木サルスベリ 熱海梅園・中山晋平記念館を彩る 

    猛暑が続く中、熱海梅園の中山晋平記念館の庭で、夏を代表する花木のサルスベリが濃いピンクの色…
  3. 2020-8-12

    ハチミツのロウでキャンドル作り 姫の沢公園で夏休みの体験教室

    熱海市の姫の沢公園のビジターセンターで8月9日、夏の特別企画「蜜蝋(みつろう)キャンドル」…
  4. 2020-8-11

    熱海で今年最高の34・6度  海の涼求め、首都圏からの車列続く

    高気圧に覆われた影響で、8月11日の熱海市は日差しが強まり、網代で午後1時37分に今年の最高気温と…
ページ上部へ戻る