熱海も梅雨入り 平年より2日早く 昼咲き月見草、駆け足で満開

気象庁は6月10日、東海、関東地方が梅雨入りしたと発表した。東海地方の梅雨入りは去年より3日、平年より2日遅い。静岡地方気象台によると、静岡県内は10日から梅雨前線により所々で雨となり、熱海市でも同日夜から本格的に降り始め、11日は激しい雨が予想される。向こう1週間は湿った空気や梅雨前線の影響で、おおむね雨の日が続く。

10日昼、熱海市の姫の沢公園ビジターセンター横では、昼咲き月見草が咲き誇り、淡いピンク色の花びらが来園者の目を楽しませていた。 普通の月見草は夜開花し、朝にはしぼむが、昼咲き月見草は名前の通り、日中に咲く。雨が降り出す前に、可憐な花を撮影ー。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-1-15

    熱海市で新たに2人がコロナ感染 ともに無症状、50歳代男性と高齢者

    静岡県は1月15日、熱海市に住む50歳代男性と高齢者(性別は公表を望まず)の新型コロナウイルス感染…
  2. 2021-1-15

    あたみ桜の蜜を求め、メジロが飛来 「糸川桜まつり」開幕から1週間 

    熱海市は1月13日現在のあたみ桜の開花状況を発表した。「あたみ桜糸川桜まつり」(〜2月7日…
  3. 2021-1-14

    富士山も祝福 熱海富士、寄り倒しで2勝目 熱海市の滝知山展望台が名所に  

    大相撲初場所は1月14日、東京・両国国技館で5日目の取組が行われ、熱海市出身で東序ノ口25…
  4. 2021-1-14

    熱海市で5人のコロナ感染確認 3人は未成年者、2人は高齢でない成人

    静岡県は1月14日、熱海市に住む5人の新型コロナウイルス感染を新たに確認した、と発表した。このうち…
ページ上部へ戻る