熱海の4月の観光客2万5289人 前年同月比9割減 過去最大の落ち込み

新型コロナウイルス感染症の影響が本格化した4月に熱海を訪れた観光客の数は2万5289人で、前の年の同じ月に比べ89・7%減、過去最大の減少となった。
熱海市は、観光客数を入湯税(ホテル・旅館・保養所の温泉利用税)ベースでカウントしている。6月25日に公表した4月の入湯税課税状況によると、市内305施設の課税人員は宿泊と休憩を合わせて2万5289人で、前年同月を21万9676人(89・7%)下回った。東日本大震災があった2011年4月は10万3996人でその時の約4分の1。入湯税の統計を市が公表した1963年以降、最大幅の落ち込みとなった。温泉を利用しない日帰り旅行者は含まれていない。
4月はコロナ感染症の流行を受け、4月7日に首都圏を中心に発令されていた緊急事態宣言が17日に全国に拡大。市は大型連休の感染拡大防止のため、25日から市内の宿泊施設へ休業要請した。要請はゴールデンウィークを挟んで5月20日まで続いており、5月の観光客は1万人程度まで落ち込むことが予想される。熱海市が空前の経済危機を迎えていることが数字で浮き彫りとなった。
(熱海ネット新聞)
■入湯税 地方税法に定められている、温泉などで徴収される市町村の税金。課税されるのは、鉱泉施設があるホテル、旅館、スーパー銭湯、健康センターなど。税額は1人1日当たり150円。宿泊者数や日帰り観光客数を測るベースになる。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-7-5

    小池知事「都民は他県への移動遠慮を」静岡県「見えない感染者」警戒

    東京都で新型コロナウイルスの感染者が3日連続で100人を超えたのを受け、小池百合子知事は7月4日、…
  2. 2020-7-3

    令和樹神會、熱海中学校を訪問「モォー」塩見校長も豪快に「麦こがし」 

    来宮神社の例大祭で本年度御鳳輦(ごほうれん)奉仕を行う厄年奉賛会「令和樹神會」(れいわこだまかい)…
  3. 2020-7-3

    来宮神社「令和樹神會」の天狗慰問始まる 桃山小学校で「御鳳輦」伝統伝える

    来宮神社の例大祭(14~16日)で本年度御鳳輦(ほうれん)奉仕を行う厄年奉賛会「令和樹神會…
  4. 2020-7-3

    熱海市和田浜南町に新ホテル建設 地上9階建て31室 ニュータカハシ跡地

    熱海市和田浜南町に新ホテルが建設されることが分かった。場所は国道135号沿いのホテル「ニュータカハ…
ページ上部へ戻る