福井敏幸祭典委員長 市長を表敬訪問 来宮神社例大祭をコロナ退散の祭りに


来宮神社例大祭の祭典委員会の代表3人が6月26日、熱海市役所に齋藤栄市長を訪ね、新型コロナウイルスの感染防止のため、大幅に規模を縮小して斎行する例大祭(7月14~16日)について概要を説明した。訪れたのは福井敏幸祭典委員長、山田文敏常任副委員長、狩野精渉外部長の3氏。
15日は本殿で例大祭神事を執り行い、神女神楽と浦安の舞を奉納するが、来賓は招かない。16日の神幸祭の御神幸行列は、例年の4分の1の50人規模に縮小し、神職、祭典委員、厄年奉賛会が熱海サンビーチと渚小公園で神事を行う。

福井委員長は「感染症対策に留意し、ごくわずかの人数で務めさせていただく。第2波の襲来も予想され、気を緩めず、滞りなく成功させたい」と理解と協力を求め、市長は「大変な時期ですが、お体に気をつけて、コロナ退散を祈るお祭りにしてほしい」と応じた。
今年の当番町は渚地区の5町(汐見町、浜町、東町、銀座町、友楽町)。責任当番町は浜町が務める。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-11-27

    齋藤市長と竹部議長 温泉所在都市を代表して財政支援の要望書提出

    新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、温泉観光地の経済活動に深刻な影響が出ていることを受け、熱…
  2. 2020-11-27

    MOA美術館で「熱海座 第九コンサート」 大晦日に市民100人を無料紹介

    熱海市のMOA美術館は、12月31日に「熱海座 第九コンサート2020」を同美術館能楽堂で開く。ベ…
  3. 2020-11-26

    コロナ対策の「緩み」を警戒 熱海飲食3団体、カラオケ感染防止を強化

    11月に入り、全国でカラオケや接待を伴う飲食店で新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が多発…
  4. 2020-11-26

    死んだ父親の特別定額給付金10万円を不正搾取 熱海市が被害届

    熱海署は11月25日、死亡した父親の特別給付金を不正受給したとして詐欺の疑いで住所不定の兄(49)…
ページ上部へ戻る