高校野球・静岡代替大会 熱海は金谷、浜北佐久間と“3校連合“で参戦 

7月11日に開幕する全国高校野球選手権静岡大会の代替大会「2020夏季静岡県高校野球大会」に熱海高(熱海市)は金谷高(島田市)、浜松湖北高佐久間分校(浜松市)との連合チームで出場する。
新型コロナウイルスの影響で中止になった“夏の甲子園“の代替県大会“で、それぞれの部員不足を補う救済措置だが、県の東中西地区をまたぐ連合チームは春夏秋を通じて県内では初めて。

組み合わせ抽選会が6月27日開かれ、熱海高3人、金谷高5人、佐久間分校4人の計12選手で構成する「熱海・金谷・佐久間」は、11日の焼津球場第2試合で駿河総合(静岡市)と対戦が決まった。校歌は金谷、校旗は浜松湖北佐久間分校、校章は熱海で臨む。
合同練習は3校の中間にある金谷で行うが、熱海から約130キロ、佐久間分校から約85キロ離れているため、週末に行い、ミーティングはビデオ会議を活用する。
(熱海ネット新聞)

https://shizuoka-hbf.com/wp-content/uploads/2020/06/2020夏季静岡県高等学校野球大会%E3%80%80やぐら.pdf

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-8-10

    網代温泉海水浴場 お盆休みの「密」避け、夏楽しむ 隠れた人気スポット

    熱海市にある3つの海水浴場の一つ、網代温泉水浴場でも8月9日、混雑のピークを迎えた。網代温泉が隆盛…
  2. 2020-8-10

    長浜ビーチに若者らが続々、ピーク突入 8月12日にお盆恒例の花火大会

    お盆休みを迎え、熱海市上多賀の長浜海水浴場でも8月9日、首都圏などの若者を中心に混雑が始まった。今…
  3. 2020-8-10

    熱海サンビーチ、今年一番の混雑 入場制限に備え「五輪対策専門家」配備

    熱海サンビーチで8月9日、今年一番の人出を記録した。今夏はコロナの感染予防のため、熱海市は…
  4. 2020-8-10

    熱海市上宿町で住宅兼会社の火災 1時間後に鎮火、けが人はなし

    12月9日午前3時25分ごろ、熱海市上宿町の三ツ星工業で住宅兼会社の一部を焼く火災があり、約1時間…
ページ上部へ戻る