移動の全面解除から2度目の週末 熱海の観光客3割増 第2波警戒の声も

都道府県をまたぐ移動が全面解除(6月19日)されて2度目の週末を迎えた熱海市街は、県内外から訪れた多くの観光客で賑わった。天候に恵まれた6月27日(土)は、スマートフォンのデータなどによれば、首都圏からの客に制限を設けていた半月前に比べ、3割以上増えているという。
熱海市は、繁忙期の夏を前に「経済を回す施策」に軸足を移し、今夏の市内3海水浴場の開設や8月以降の花火大会の開催を決めた。その一方で東京都内では29日に新たに58人の新型コロナウイルスの感染が確認され、これで1日当たりの感染者が50人以上となるのは4日連続。高止まりが続く。政府の専門家会議からは「赤信号の一歩手前の黄信号だ」の意見も出ている。

観光客からは「都や県外へ移動するだけで開放感がある」「今夏は神奈川県や千葉県の海水浴場が不開設。熱海に来たい」という声が聞かれるが、市民からは「人が増えてきているのはありがたいが、新型コロナウイルスの恐怖もある。流行の第2波到来に備えることも重要」といった警戒論も。社会経済活動の再開と感染防止対策との両立。観光客の約8割が首都圏からの客が占める熱海市だけに悩ましい問題。全国の観光都市が今夏の成り行きを注視している。
(熱海ネット新聞)
写真は6月27日撮影

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-4-18

    「まん延」で首都圏の日帰り客激減 宿泊客がゆったり花火見物

    今年度最初の熱海海上花火大会が4月17日、熱海湾で開催された。前線の影響で小雨が降り続く中…
  2. 2021-4-17

    「初島ところ天祭り」2年連続で中止 首都圏のコロナ感染再拡大で

    熱海市の初島区事業共同組合は、第46回「初島ところ天祭り」の中止を決めた。同組合は例年5月…
  3. 2021-4-16

    色鮮やかなツツジ、今年も晩春パノラマ MOA美術館「水晶殿」

    熱海市のMOA美術館のエスカレーター入口近くの展望台「水晶殿」でツツジが見ごろを迎えた。台…
  4. 2021-4-16

    ツツジ、姫の沢公園の山肌赤く染める 例年より2週間早く見ごろに

    熱海市の姫の沢公園で約6万株の赤やピンクのツツジが見ごろを迎えた。例年より2週間ほど早い。…
ページ上部へ戻る