コロナ終息祈願、伊豆山神社で「茅の輪くぐり」 粛々と夏越の大祓

熱海市の伊豆山神社(原嘉孝宮司)で6月30日、「茅(ち)の輪くぐり」の神事が行われた。6月と12月末日に半年間の厄を祓い清める神事で、6月に行われるのが「夏越の大祓(なごしのおおはらえ)」。例年は氏子や伊豆山温泉旅館組合(観光協会)らが参列し、境内に設置された直径約2・5メートルの大きな輪をくぐって無病息災を願うが、今年は密集を避けるため、神職だけで斎行した。
茅の輪くぐりは、同神社では平安期から続き、疫病退散の意味もあることから、今年は「新型コロナウイルス終息」に願いを込めた。12月の最終日には「年越しの大祓」が齋行される。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-9-20

    秋づく熱海、ススキの穂が秋風に揺れる 赤紫の萩の花鮮やか 姫の沢公園

    例年より遅い秋を迎えた熱海市の姫の沢公園で秋の七草の一つ、萩が見頃を迎え、赤紫のかれんな花…
  2. 2021-9-20

    3連休で熱海サンビーチに多くの人 緊急事態宣言の長期化で息抜き

    秋の3連休の中日となった9月19日、熱海の人出は、前週日曜の12日から増えた。緊急事態宣言の長期化…
  3. 2021-9-18

    地元の勝俣孝明衆院議員は「河野太郎氏支持」 自民党総裁選が告示

    自民党総裁選が9月17日告示され、立候補した河野太郎行政改革担当相、岸田文雄前政調会長、高市早苗前…
  4. 2021-9-18

    紅白の彼岸花、オレンジの金木犀が見頃に 熱海梅園は秋景色

    秋の3連休を前に熱海梅園の蛍川のほとりで赤い彼岸花(別名:曼珠沙華=マンジュシャゲ)に続い…
ページ上部へ戻る