小池知事「都民は他県への移動遠慮を」静岡県「見えない感染者」警戒

東京都で新型コロナウイルスの感染者が3日連続で100人を超えたのを受け、小池百合子知事は7月4日、都民に対し、不要不急の都外への移動自粛を要請した。政府による都道府県をまたぐ移動自粛の全面解除されたのが6月19日。その後、都内で10代、20代、30代を中心に感染者が増えていることから、都外への感染拡大を抑える必要があると判断。知事は「今後、高齢者層などに感染者数が増加する可能性も否定できない。不要不急な他県への移動につきましてはご遠慮いただきたい」と述べた。

静岡県も同日、「見えない感染者が市中にいる可能性が非常に高い」と県民に自衛措置の徹底を呼び掛け、県境をまたぐ東京、神奈川、埼玉、千葉、北海道との間の移動は「慎重に判断してほしい」と引き続き移動の必要性を慎重に判断するよう求めた。特に都内では繁華街でクラスター(感染者集団)が発生し、大人数による会食でも感染が広がっていることから、そうした場所を回避するよう求めた。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-8-13

    疫病退散の願い込め「赤いナイアガラ」 熱海・伊豆多賀温泉海上花火大会

    熱海市の長浜海浜公園で8月12日夜、「伊豆多賀温泉海上花火大会」が開催された。今年は集客イ…
  2. 2020-8-13

    コロナ感染防止対策の適合証明ステッカー完成 500飲食店へ交付始まる

    「熱海市飲食業コロナウイルス対策協議会」が製作していた感染防止対策ができていることを証明するステッ…
  3. 2020-8-12

    熱海はうだるような暑さ 今年最高の36度、初の猛暑日 夜も熱帯夜

    熱海市は8月12日も厳しい暑さが続き、網代で午後1時36分に今年最高の36度を観測。今年初めて猛暑…
  4. 2020-8-12

    濃いピンク、夏の代表花木サルスベリ 熱海梅園・中山晋平記念館を彩る 

    猛暑が続く中、熱海梅園の中山晋平記念館の庭で、夏を代表する花木のサルスベリが濃いピンクの色…
ページ上部へ戻る