県飲食業組合熱海支部長に柿田武史氏 若い力を結集、食の賑わい創出へ

熱海市内の飲食店主でつくる静岡県飲食業生活衛生同業組合熱海支部(加盟87店)は新型コロナウイルス感染防止のため、書面による定時総会を開き、新支部長に柿田武史氏(47)=串焼旬菜 楽、鮨割烹 廉」を選出した。任期は2年。
歴代でもっとも若い支部長になった柿田氏は「新型コロナウイルスの影響で予約や売り上げが減少しているのは、市内飲食店の共通した悩み。他の飲食団体と勉強会や情報交換会の場などを設け、食を通じて熱海の賑わいを取り戻せるように頑張りたい」と述べた。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-8-13

    疫病退散の願い込め「赤いナイアガラ」 熱海・伊豆多賀温泉海上花火大会

    熱海市の長浜海浜公園で8月12日夜、「伊豆多賀温泉海上花火大会」が開催された。今年は集客イ…
  2. 2020-8-13

    コロナ感染防止対策の適合証明ステッカー完成 500飲食店へ交付始まる

    「熱海市飲食業コロナウイルス対策協議会」が製作していた感染防止対策ができていることを証明するステッ…
  3. 2020-8-12

    熱海はうだるような暑さ 今年最高の36度、初の猛暑日 夜も熱帯夜

    熱海市は8月12日も厳しい暑さが続き、網代で午後1時36分に今年最高の36度を観測。今年初めて猛暑…
  4. 2020-8-12

    濃いピンク、夏の代表花木サルスベリ 熱海梅園・中山晋平記念館を彩る 

    猛暑が続く中、熱海梅園の中山晋平記念館の庭で、夏を代表する花木のサルスベリが濃いピンクの色…
ページ上部へ戻る