県飲食業組合熱海支部長に柿田武史氏 若い力を結集、食の賑わい創出へ

熱海市内の飲食店主でつくる静岡県飲食業生活衛生同業組合熱海支部(加盟87店)は新型コロナウイルス感染防止のため、書面による定時総会を開き、新支部長に柿田武史氏(47)=串焼旬菜 楽、鮨割烹 廉」を選出した。任期は2年。
歴代でもっとも若い支部長になった柿田氏は「新型コロナウイルスの影響で予約や売り上げが減少しているのは、市内飲食店の共通した悩み。他の飲食団体と勉強会や情報交換会の場などを設け、食を通じて熱海の賑わいを取り戻せるように頑張りたい」と述べた。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-4-22

    26日からワクチン予約開始 申し込み殺到に備え、受付電話を午後8時まで延長 

    熱海市は、65歳以上(約1万7800人)を対象とした新型コロナウイルスのワクチン接種の予約受け付け…
  2. 2021-4-22

    【お悔やみ】下村征夫さん(熱海市西熱海町)4月20日死去

    下村征夫さん(しもむら・いくお)4月20日死去、79歳。熱海市西熱海町2の11の10。通夜23日午…
  3. 2021-4-21

    「プリンス スマート イン 熱海」開業 スマホ完結の“非接触型”ホテル

    プリンスホテルは4月21日、低料金の新ホテル「プリンス スマート イン 熱海」(地上8階…
  4. 2021-4-20

    熱海保健所管内でコロナ変異株初確認 すでに発表している20代男性

    静岡県は4月20日、すでに発表している新型コロナウイルス感染者の内、熱海保健所管内の20代男性の変…
ページ上部へ戻る