コロナ退散、熱海サンビーチで安全祈願祭 今シーズンの無事故願う

毎年、首都圏などからの海水浴客でにごわう熱海サンビーチで7月23日、海開きと熱海サンビーチウォーターパークの安全祈願祭があった。砂浜に祭壇が設けられ、来宮神社の雨宮盛克宮司が祝詞を読み上げ、海水浴客の安全を祈った。
祈願祭は毎年行われてきたが、「密閉・密着・密接」を避けるため、今年は間隔を開けて参列。齋藤栄市長、藤曲敬宏県議、中島幹雄熱海市観光協会、ウォーターパーク関係者が玉ぐしを奉納した。
中島会長がまず「事故のないように例年以上のお祓いをしていただいた。多くの思い出をお持ちいただきたい」とあいさつ。齊藤栄市長が「観光を主幹産業とする熱海市にとって感染対策と経済回復の両立は宿命。さまざま議論があったが、新型コロナウイルスに万全の対策を施した上でオープンに踏み切ったり。しっかりと感染対策をっているので、楽しんでもらいたい」と話した。ただ、関東の海水浴場が閉じてしまうので、混雑具合が読めない状況。市は4連休の状況をみて、トラブルがあった場合は中止にも備えている。

開設期間は、8月23日まで。午前9時から午後4時。例年の開設期間は50日ほどだが、今年は1カ月に短縮する。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-8-13

    疫病退散の願い込め「赤いナイアガラ」 熱海・伊豆多賀温泉海上花火大会

    熱海市の長浜海浜公園で8月12日夜、「伊豆多賀温泉海上花火大会」が開催された。今年は集客イ…
  2. 2020-8-13

    コロナ感染防止対策の適合証明ステッカー完成 500飲食店へ交付始まる

    「熱海市飲食業コロナウイルス対策協議会」が製作していた感染防止対策ができていることを証明するステッ…
  3. 2020-8-12

    熱海はうだるような暑さ 今年最高の36度、初の猛暑日 夜も熱帯夜

    熱海市は8月12日も厳しい暑さが続き、網代で午後1時36分に今年最高の36度を観測。今年初めて猛暑…
  4. 2020-8-12

    濃いピンク、夏の代表花木サルスベリ 熱海梅園・中山晋平記念館を彩る 

    猛暑が続く中、熱海梅園の中山晋平記念館の庭で、夏を代表する花木のサルスベリが濃いピンクの色…
ページ上部へ戻る