熱海の5月の観光客、1万6715人 前年同月比93%減 空前の経済損失

新型コロナウイルス感染症の影響で5月に熱海を訪れた観光客の数が前の年の同じ月に比べ93・2%減し、過去最大の減少を記録した。
熱海市は、観光客数を入湯税(ホテル・旅館・保養所の温泉利用税)ベースでカウントしている。7月27日に公表した5月の入湯税課税状況によると、市内305施設の課税人員は宿泊と休憩を合わせて1万6715人で、前年同月を93%、22万3761人下回った。温泉を利用しない日帰り旅行者は含まれていない。
コロナ感染症の流行を受け、4月7日に首都圏を中心に発令されていた緊急事態宣言が17日に全国に拡大。熱海市は大型連休の感染拡大防止のため、25日からゴールデンウィークを挟んで5月20日まで市内の宿泊施設へ休業要請した。

新型コロナウイルスの影響で4月も前年同月比で観光客が約21万6018人減少(89・7%減)。4、5月の2カ月で約44万人の観光客が減ったことになり、6年連続を目指していた年間宿泊客300万人は絶望的。入湯税の統計を市が公表した1963年以降、最大幅の落ち込みが続き、市の財政にとどまらず、熱海市全体が空前の経済危機を迎えている。
(熱海ネット新聞)
■入湯税 地方税法に定められている、温泉などで徴収される市町村の税金。課税されるのは、鉱泉施設があるホテル、旅館、スーパー銭湯、健康センターなど。税額は1人1日当たり150円。宿泊者数や日帰り観光客数を測るベースになる。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-8-13

    疫病退散の願い込め「赤いナイアガラ」 熱海・伊豆多賀温泉海上花火大会

    熱海市の長浜海浜公園で8月12日夜、「伊豆多賀温泉海上花火大会」が開催された。今年は集客イ…
  2. 2020-8-13

    コロナ感染防止対策の適合証明ステッカー完成 500飲食店へ交付始まる

    「熱海市飲食業コロナウイルス対策協議会」が製作していた感染防止対策ができていることを証明するステッ…
  3. 2020-8-12

    熱海はうだるような暑さ 今年最高の36度、初の猛暑日 夜も熱帯夜

    熱海市は8月12日も厳しい暑さが続き、網代で午後1時36分に今年最高の36度を観測。今年初めて猛暑…
  4. 2020-8-12

    濃いピンク、夏の代表花木サルスベリ 熱海梅園・中山晋平記念館を彩る 

    猛暑が続く中、熱海梅園の中山晋平記念館の庭で、夏を代表する花木のサルスベリが濃いピンクの色…
ページ上部へ戻る