ようやく梅雨明け、平年より11日遅く 夏本番で若者旅行者が熱海に続々

気象台は8月1日、熱海市も含む東海地方で梅雨明けを発表した。平年より11日、昨年より8日遅い。8月の梅雨明けは11年ぶりで、1951年の観測開始以来、3番目に遅いという。
例年なら8月1日から「あたみビールまつり」(渚親水公園・レインボーデッキ)が始まり、熱海は夏休みの繁忙期を迎えるが、今年は新型コロナウイルスの影響で中止。市街に中高年層の観光客は少ない。一方、国の観光支援「GoToトラベル」が始まって迎えた梅雨明けで熱海駅には、若者の観光客らが続々に訪れている。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-9-24

    熱海銀座の飲食店で20代5人が食中毒 9月7日利用者、サルモネラ菌検出

    静岡県は9月24日、熱海市銀座町の「熱海銀座おさかな食堂」(夜は、おさかな酒場)を9月7日に利用し…
  2. 2020-9-24

    【お悔やみ】太田信雄さん(熱海市伊豆山)9月21日死去

    太田信雄さん(おおた・のぶお)9月21日死去、74歳。熱海市伊豆山。出棺26日午前11時、般若院。…
  3. 2020-9-24

    【お悔やみ】加藤忠男さん(熱海市下多賀)9月21日死去

    加藤忠男さん(かとう・ただお)9月21日死去、94歳。熱海市下多賀。出棺25日午後2時、JAホール…
  4. 2020-9-23

    秋の夜空に3千発 4連休最終日、熱海秋季海上花火大会 ホテルは満室

    秋の4連休最終日の9月22日、熱海湾で熱海海上花火大会の秋季シリーズが開幕した。台風12号…
ページ上部へ戻る