ようやく梅雨明け、平年より11日遅く 夏本番で若者旅行者が熱海に続々

気象台は8月1日、熱海市も含む東海地方で梅雨明けを発表した。平年より11日、昨年より8日遅い。8月の梅雨明けは11年ぶりで、1951年の観測開始以来、3番目に遅いという。
例年なら8月1日から「あたみビールまつり」(渚親水公園・レインボーデッキ)が始まり、熱海は夏休みの繁忙期を迎えるが、今年は新型コロナウイルスの影響で中止。市街に中高年層の観光客は少ない。一方、国の観光支援「GoToトラベル」が始まって迎えた梅雨明けで熱海駅には、若者の観光客らが続々に訪れている。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-4-22

    26日からワクチン予約開始 申し込み殺到に備え、受付電話を午後8時まで延長 

    熱海市は、65歳以上(約1万7800人)を対象とした新型コロナウイルスのワクチン接種の予約受け付け…
  2. 2021-4-22

    【お悔やみ】下村征夫さん(熱海市西熱海町)4月20日死去

    下村征夫さん(しもむら・いくお)4月20日死去、79歳。熱海市西熱海町2の11の10。通夜23日午…
  3. 2021-4-21

    「プリンス スマート イン 熱海」開業 スマホ完結の“非接触型”ホテル

    プリンスホテルは4月21日、低料金の新ホテル「プリンス スマート イン 熱海」(地上8階…
  4. 2021-4-20

    熱海保健所管内でコロナ変異株初確認 すでに発表している20代男性

    静岡県は4月20日、すでに発表している新型コロナウイルス感染者の内、熱海保健所管内の20代男性の変…
ページ上部へ戻る