熱海サンビーチ混雑状況 初めて「普通」表示 800人以下の「空き」脱出

熱海海上花火大会が開催された8月5日、熱海サンビーチには首都圏などから多くの海水浴客が訪れた。新型コロナウイルス感染拡大の密の状態が懸念されたものの、最高に混雑した午後1時〜2時の時間帯のビーチ内の人数は800人〜1600人だった。
今夏はコロナの感染予防のため、熱海市は海開きした7月23日から人工知能(AI)搭載のカメラ3台で1時間おきに混雑状況を5段階に分けて公表してしている。これまでは混雑度合いがもっとも低い「空き」(800人以下)が続いていたが、この日午後1時〜2時に初めて「普通」(800〜1600人)の表示に切り替わった。その後は「空き」に戻った。
1日のトータルでは、延べ人数が数千人の日もあるが、海水浴客は密集を避け、広い時間帯に分散している。市営駐車場は首都圏ナンバーがほとんどで東京、神奈川方面の若者とみられる。熱海サンビーチの混雑具合は市のホームページなどに張り付けている。
(熱海ネット新聞)
■熱海サンビーチの混雑度合い
①空き 800人以下
②普通 800人〜1600人
③やや混雑 1600人〜2500人
④混雑 2500人〜3000人
⑤特に混雑 3000人以上
(1時間単位でAIカメラが判断)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新イベント情報

渡辺耳鼻咽喉科
万葉の湯・万葉倶楽部
熱海温泉 ホテル・サンミ倶楽部
ニューウェルシティ湯河原
熱海温泉 昭和倶楽部
伊豆長岡温泉 ニュー八景園
箱根湯本温泉 天成園

ピックアップ記事

  1. 2020-9-30

    管弦と舞楽の奉納は中止 来宮神社「観月祭」、神事だけに縮小

    来宮神社は、仲秋の名月の10月1日午後6時から、規模を縮小して「仲秋の管弦祭・観月祭」を開く。今年…
  2. 2020-9-30

    熱海市の基準地価、商業地0・6%、住宅地1・8%減少 コロナ禍で需要低迷

    国土交通省は9月29日、7月1日現在の基準地価を発表した。熱海市でも新型コロナウイルス感染拡大に伴…
  3. 2020-9-29

    新たに短時間花火10回 観光庁、熱海市提案「観光資源磨き上げ事業」採択 

    観光庁が公募していた「誘客多角化等のための魅力的な滞在コンテンツ造成」実証事業に、熱海市が提案した…
  4. 2020-9-29

    熱海市に爆破予告メール 小中学校や文教施設が対象 不審物の点検強化

    全国の複数の市に学校や市役所などの爆破予告メールが届く中、熱海市でも市内の小中学校や文教施設(スポ…
ページ上部へ戻る