熱海サンビーチ混雑状況 初めて「普通」表示 800人以下の「空き」脱出

熱海海上花火大会が開催された8月5日、熱海サンビーチには首都圏などから多くの海水浴客が訪れた。新型コロナウイルス感染拡大の密の状態が懸念されたものの、最高に混雑した午後1時〜2時の時間帯のビーチ内の人数は800人〜1600人だった。
今夏はコロナの感染予防のため、熱海市は海開きした7月23日から人工知能(AI)搭載のカメラ3台で1時間おきに混雑状況を5段階に分けて公表してしている。これまでは混雑度合いがもっとも低い「空き」(800人以下)が続いていたが、この日午後1時〜2時に初めて「普通」(800〜1600人)の表示に切り替わった。その後は「空き」に戻った。
1日のトータルでは、延べ人数が数千人の日もあるが、海水浴客は密集を避け、広い時間帯に分散している。市営駐車場は首都圏ナンバーがほとんどで東京、神奈川方面の若者とみられる。熱海サンビーチの混雑具合は市のホームページなどに張り付けている。
(熱海ネット新聞)
■熱海サンビーチの混雑度合い
①空き 800人以下
②普通 800人〜1600人
③やや混雑 1600人〜2500人
④混雑 2500人〜3000人
⑤特に混雑 3000人以上
(1時間単位でAIカメラが判断)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-3-3

    標高500mで凛と咲く…姫の沢公園で水仙が見頃 本格的な春の訪れ 

    熱海市の姫の沢公園公園でひときわ目立つ黄色い水仙(スイセン)や鈴蘭(スズラン)のような白い…
  2. 2021-3-3

    熱海市で新たに1人がコロナ感染、高齢でない成人男性 3月3日

    静岡県は3月3日、熱海市に住む高齢でない成人男性の新型コロナウイルス感染を確認した、と発表した。熱…
  3. 2021-3-3

    3月9、10日に市議会「一般質問」 副市長2人制やコロナ諸問題で論戦 

    熱海市議会2月定例会は3月9、10日に一般質問を行う。竹部隆議長・橋本一実副議長と高橋幸雄氏を除く…
  4. 2021-3-3

    熱海市長の施政方針 「ピンチをチャンスに変え、反転攻勢に向けた施策」全掲

    熱海市は市議会2月定例会に180億300万円の新年度一般会計当初予算案を上程した。市長は「回復から…
ページ上部へ戻る