長浜ビーチに若者らが続々、ピーク突入 8月12日にお盆恒例の花火大会

お盆休みを迎え、熱海市上多賀の長浜海水浴場でも8月9日、首都圏などの若者を中心に混雑が始まった。今夏は湘南海岸など神奈川県内の海水浴場が開設しないため、市から海水浴場の運営を委託されている多賀観光協会は最大600台収容できる駐車場を350台に制限するなどして、新型コロナウイルス感染防止に努めている。
12日には伊豆多賀温泉海上花火大会、16日にお盆行事の百八体流灯祭、灯籠流しがあり、混雑のピークを迎える。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新イベント情報

渡辺耳鼻咽喉科
万葉の湯・万葉倶楽部
熱海温泉 ホテル・サンミ倶楽部
ニューウェルシティ湯河原
熱海温泉 昭和倶楽部
伊豆長岡温泉 ニュー八景園
箱根湯本温泉 天成園

ピックアップ記事

  1. 2020-9-30

    管弦と舞楽の奉納は中止 来宮神社「観月祭」、神事だけに縮小

    来宮神社は、仲秋の名月の10月1日午後6時から、規模を縮小して「仲秋の管弦祭・観月祭」を開く。今年…
  2. 2020-9-30

    熱海市の基準地価、商業地0・6%、住宅地1・8%減少 コロナ禍で需要低迷

    国土交通省は9月29日、7月1日現在の基準地価を発表した。熱海市でも新型コロナウイルス感染拡大に伴…
  3. 2020-9-29

    新たに短時間花火10回 観光庁、熱海市提案「観光資源磨き上げ事業」採択 

    観光庁が公募していた「誘客多角化等のための魅力的な滞在コンテンツ造成」実証事業に、熱海市が提案した…
  4. 2020-9-29

    熱海市に爆破予告メール 小中学校や文教施設が対象 不審物の点検強化

    全国の複数の市に学校や市役所などの爆破予告メールが届く中、熱海市でも市内の小中学校や文教施設(スポ…
ページ上部へ戻る