熱海の交番訪れた30代男性、体調悪く医療機関に入院 コロナ感染判明

静岡県は8月23日、熱海市の交番を訪問した県外に住む30代の自営業の男性が新型コロナウイルスに感染したと発表した。県444例目のこの男性は、19日に熱海市の交番を訪問した際、体調がよくないことから警察に保護され、医療機関Aを受診し、その後、医療機関Bに入院。20日夜に37・8度の発熱があったため、21日にPCR検査を受検し、22日に陽性が判明した。12日〜18日の行動が不明のため、感染経路は分かっていない。濃厚接触者は医療機関の関係者でPCR検査を受けているが、現時点では不明。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-2-28

    熱海市で新たに2人がコロナ感染 高齢でない成人と20歳代男性 2月28日

    静岡県は2月28日、熱海市に住む高齢でない成人(性別は不公表)と20歳代男性の新型コロナウイルス感…
  2. 2021-2-27

    【お悔やみ】津田博之さん(熱海市中央町)2月25日死去 友楽町町内会長

    津田博之さん(つだ・ひろゆき)2月25日死去、80歳。熱海市中央町3の10。バー「メキシコ」。有楽…
  3. 2021-2-26

    熱海市で新たに1人がコロナ感染 高齢でない成人 県内陽性者との接触で 

    静岡県は2月26日、熱海市に住む高齢でない成人1人の新型コロナウイルス感染を確認した、と発表した。…
  4. 2021-2-26

    【お悔やみ】有賀輝夫さん(熱海市上多賀)2月24日死去

    有賀輝夫さん(ありが・てるお)2月24日死去、90歳。熱海市上多賀26。出棺3月2日午前11時、J…
ページ上部へ戻る