熱海市伊豆山の135号付近のクマ出現 イノシシと見間違えた可能性浮上 

9月11日5時45分ごろ、熱海市伊豆山の国道135号近くで観光客からクマらしき動物を目撃したとの110番通報があったことについて、クマではなく、イノシシだった可能性が浮上した。14日、同時間帯に135号を車で走行して人から「イノシシがちょうど出て来て、びっくりして避けた。クマとの見間違いでは」という情報が熱海ネット新聞に寄せられた。出現の通報があった場所は会員制リゾートホテル「東急ハーヴェストクラブ熱海伊豆山&VIALA」の北方約150m付近。熱海署と熱海市は不要不急の山間部への立ち入り自粛を呼びかけていた。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-4-22

    26日からワクチン予約開始 申し込み殺到に備え、受付電話を午後8時まで延長 

    熱海市は、65歳以上(約1万7800人)を対象とした新型コロナウイルスのワクチン接種の予約受け付け…
  2. 2021-4-22

    【お悔やみ】下村征夫さん(熱海市西熱海町)4月20日死去

    下村征夫さん(しもむら・いくお)4月20日死去、79歳。熱海市西熱海町2の11の10。通夜23日午…
  3. 2021-4-21

    「プリンス スマート イン 熱海」開業 スマホ完結の“非接触型”ホテル

    プリンスホテルは4月21日、低料金の新ホテル「プリンス スマート イン 熱海」(地上8階…
  4. 2021-4-20

    熱海保健所管内でコロナ変異株初確認 すでに発表している20代男性

    静岡県は4月20日、すでに発表している新型コロナウイルス感染者の内、熱海保健所管内の20代男性の変…
ページ上部へ戻る