「熱海国際映画祭問題」再燃 市に未払い費用931万円請求 第2回の協力会社

熱海市は9月15日、2019年6月の第2回熱海国際映画祭に関連して協力会社(原告、映画制作会社)から市(被告)に対し、931万円8643円などの支払いを求める「費用償還等請求」の訴状が東京地方裁判所民事部に提出され、市も同日受理したと発表した。当初、熱海市は第2回熱海国際映画祭についても主催者に名を連ね、一度は開催を発表したが、その後、第1回熱海国際映画祭の約1465万円の赤字(残債896万円)などが判明。市は実行委員会の髪林孝司業務執行担当(フォーカス代表取締役)と袂を分かち、映画祭から撤退し、髪林氏が単独で開催した。しかし、この間に実施し、埋もれる形となった市の関与を見込んだ第2回熱海国際映画祭のポスター制作や集客準備などの経費が宙に浮き、未払いの状態が続いていた。
市は今後、顧問弁護士と相談して対応する。
第1回口頭弁論は、10月27日に予定されている。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-9-18

    地元の勝俣孝明衆院議員は「河野太郎氏支持」 自民党総裁選が告示

  2. 2021-9-18

    紅白の彼岸花、オレンジの金木犀が見頃に 熱海梅園は秋景色

  3. 2021-9-18

    【お悔やみ】大曽根達男さん(熱海市網代)9月16日死去

  4. 2021-9-16

    盛り土業者と当時の市の対応 齋藤栄市長、10月中旬に内容公表

ページ上部へ戻る