秋の訪れ 真っ赤なヒガンバナ、今年も彼岸の入りに見頃 熱海梅園

9月19日は秋の彼岸入り。「暑さ寒さも彼岸まで」といわれ、夏の暑さが和らぐころとされる。熱海梅園では、秋の彼岸と時を同じくして鮮やかな赤い花をつけるヒガンバナ(彼岸花、別名:曼珠沙華=マンジュシャゲ)が花を咲かせ、秋の到来を告げている。
毎年、この時期になると時を間違わず咲く。体内時計が備わっているような正確さだ。秋のお彼岸は「秋分の日」(9月22日)を中心にとして前後3日、計7日間。赤い彼岸花は見頃を迎え、白い彼岸花は今週末に見頃を迎える。
一方、中山晋平記念館前では、夏を代表する濃いピンクのサルスベリ(百日紅)がピークを過ぎたが、韓国庭園の白のサルスベリは見ごろが続いている。
(熱海ネット新聞)
2020年秋のお彼岸
■9月19日(土)彼岸入り
■9月22日(火・祝)中日(秋分の日)
■9月25日(金)彼岸明け

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-10-27

    【お悔やみ】佐藤洋子さん(熱海市下多賀)10月26日死去

    佐藤洋子さん(さとう・ようこ)10月26日死去、82歳。熱海市下多賀。通夜28日午後6時。葬儀28…
  2. 2020-10-26

    熱海の秋祭りの最後を飾り、和田木神社で例大祭 神事を静かに斎行

    熱海市下多賀の和田木神社で10月25日、氏子や町内会など50人が参列して例大祭が斎行された…
  3. 2020-10-25

    熱海、本格的な回復を取り戻す 花火大会に1万1千人 年内に4回追加

    政府の観光支援事業「GoToトラベル」に東京発着が加わって1カ月。旅先の買い物、飲食に使え…
  4. 2020-10-25

    姫の沢公園で「スポーツフェスタ」5種類の教室で専門家から学ぶ

    コロナ禍で運動不足になった市民に様々なスポーツを体験してもらおうと10月24日、熱海市の姫…
ページ上部へ戻る