秋の訪れ 真っ赤なヒガンバナ、今年も彼岸の入りに見頃 熱海梅園

9月19日は秋の彼岸入り。「暑さ寒さも彼岸まで」といわれ、夏の暑さが和らぐころとされる。熱海梅園では、秋の彼岸と時を同じくして鮮やかな赤い花をつけるヒガンバナ(彼岸花、別名:曼珠沙華=マンジュシャゲ)が花を咲かせ、秋の到来を告げている。
毎年、この時期になると時を間違わず咲く。体内時計が備わっているような正確さだ。秋のお彼岸は「秋分の日」(9月22日)を中心にとして前後3日、計7日間。赤い彼岸花は見頃を迎え、白い彼岸花は今週末に見頃を迎える。
一方、中山晋平記念館前では、夏を代表する濃いピンクのサルスベリ(百日紅)がピークを過ぎたが、韓国庭園の白のサルスベリは見ごろが続いている。
(熱海ネット新聞)
2020年秋のお彼岸
■9月19日(土)彼岸入り
■9月22日(火・祝)中日(秋分の日)
■9月25日(金)彼岸明け

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-1-18

    人気ユーチューバー佐藤ひとみさん、熱海市に30万円寄付 愛のサークルリンク

    コロナ禍などによる生活困窮者の食糧支援に取り組む一般財団法人愛のサークルリンク(佐藤ひとみ代表)は…
  2. 2021-1-18

    熱海市で高齢者男性1人がコロナ感染 感染経路は県外陽性者との濃厚接触

    静岡県は1月18日、熱海市に住む高齢の男性(熱海市83例目、県3876例目)の新型コロナウイルス感…
  3. 2021-1-18

    来宮神社、コロナ感染拡大で節分豆まき中止 神事と福引抽選会のみ実施

    熱海市の来宮神社は、2月2日に予定していた「節分祭・豆まき」の中止を決めた。例年、節分の日に合わせ…
  4. 2021-1-18

    和田木など南熱海4地区で「どんどん焼き」 燃える炎にコロナ終息祈る

    新春の風物詩「どんどん焼き」が1月17日午前、南熱海の4地区で開催された。もっとも歴史のあ…
ページ上部へ戻る