熱海市の「A-biz」事業、新法人で業務継続 イドムとの契約は解除

熱海市は、熱海市チャレンジ応援センター「A-biz(エービズ)」の運営を委託してきた「イドム」(静岡市)との契約を9月末で解除する。事業は継続し、イドムから派遣されていたエービズチーフアドバイザーの山崎浩平氏が新たに設立する法人と市が委託契約を結び、業務を引き継ぐ。18日の市議会一般質問で米山秀夫氏、村山憲三氏の質問に市当局が明らかにした。

イドム社は、エービズがモデルとしてきた富士市産業支援センター「f-biz(エフビズ)」を運営してきたが、今年3月、同社が国の専門家派遣事業を活用してあっせんした外部専門家が、企業を訪問せずに旅費などを受け取った不正受給で経済産業省が行政処分。これを受け、富士市は6月末でイドムとの契約を解除し、エフビズ事業を休止した。熱海市も独自に業務委託内容の調査を実施し、事業継続のあり方を協議していた。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-10-23

    熱海の奥座敷・小嵐町に温泉宿「SOKI ATAMI(そき あたみ)」開業

    小田急グループのUDS(東京都渋谷区)は10月22日、熱海市の奥座敷・小嵐町に11月1日開…
  2. 2020-10-22

    全国でも珍しい泊まれる国の登録文化財 旧井上馨公爵熱海邸 初の一般公開 

    熱海市教育委員会は10月22日、文化財所有者の協力で熱海市泉にある国登録有形文化財「旧井上侯爵家熱…
  3. 2020-10-22

    熱海の80代女性がマダニ感染症 静岡県で今年8例目、このうち5例が熱海市

    静岡県は10月21日、熱海市の80代の女性がマダニの媒介によるとみられる「日本紅斑熱」を発症したと…
  4. 2020-10-22

    【お悔やみ】土屋八郎さん(熱海市網代)10月20日死去

    土屋八郎さん(つちや・はちろう)10月20日死去、87歳。熱海市網代。通夜22日午後6時。葬儀23…
ページ上部へ戻る