新たに短時間花火10回 観光庁、熱海市提案「観光資源磨き上げ事業」採択 

観光庁が公募していた「誘客多角化等のための魅力的な滞在コンテンツ造成」実証事業に、熱海市が提案した「新しいスタイルの花火大会を核とした夜の賑わい創出」事業が採択された。9月29日、市議会観光建設公営企業委員会で市が明らかにした。
観光イベント・観光資源をより安全で、集客力の高いものにするのが狙いで、観光庁は実証事業の支援を通じて、滞在コンテンツ造成に向けた取り組みの方向性の調査・検証をする。新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から「新しい生活様式」を意識することが応募の要件。支援額は上限2千万円。市は年間15回以上開催している海上花火大会とは別に、新たに香港・シンガポールのレーザーショーのような5〜10分の花火大会を今年度中に10回程度行う。
小規模で短時間のため、熱海サンビーチの横磯、ムーンテラスおよび他地域でも実施が可能となり、開催日ごとに打ち上げ場所を変える方針。様々な施設から間近に花火が観賞でき、忘年会シーズンの誘客につなげる。
地域の自然や歴史、文化、食などの観光資源や、ガイド付きミニツアーなどを含むイベント事業に全国の自治体から応募があり、県内8事業を含む307事業が第1次に採択された。
(熱海ネット新聞)


■県内各市の採択事業
伊東=ワーケーションのメッカ創出
沼津=臨済宗妙心寺派・大中寺での禅フェスティバル
焼津=さかなセンター起点のマイクロツーリズム
静岡・藤枝=「弥次さん喜多さん」東海道めぐり
熱海=新スタイルの花火大会を核とした夜の賑わい創出
浜松=浜名湖の湖上舞台光のパフォーマンス
富士=イーバイク、自転車活用のサイクルツーリズム

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-10-23

    熱海の奥座敷・小嵐町に温泉宿「SOKI ATAMI(そき あたみ)」開業

    小田急グループのUDS(東京都渋谷区)は10月22日、熱海市の奥座敷・小嵐町に11月1日開…
  2. 2020-10-22

    全国でも珍しい泊まれる国の登録文化財 旧井上馨公爵熱海邸 初の一般公開 

    熱海市教育委員会は10月22日、文化財所有者の協力で熱海市泉にある国登録有形文化財「旧井上侯爵家熱…
  3. 2020-10-22

    熱海の80代女性がマダニ感染症 静岡県で今年8例目、このうち5例が熱海市

    静岡県は10月21日、熱海市の80代の女性がマダニの媒介によるとみられる「日本紅斑熱」を発症したと…
  4. 2020-10-22

    【お悔やみ】土屋八郎さん(熱海市網代)10月20日死去

    土屋八郎さん(つちや・はちろう)10月20日死去、87歳。熱海市網代。通夜22日午後6時。葬儀23…
ページ上部へ戻る