新たに短時間花火10回 観光庁、熱海市提案「観光資源磨き上げ事業」採択 

観光庁が公募していた「誘客多角化等のための魅力的な滞在コンテンツ造成」実証事業に、熱海市が提案した「新しいスタイルの花火大会を核とした夜の賑わい創出」事業が採択された。9月29日、市議会観光建設公営企業委員会で市が明らかにした。
観光イベント・観光資源をより安全で、集客力の高いものにするのが狙いで、観光庁は実証事業の支援を通じて、滞在コンテンツ造成に向けた取り組みの方向性の調査・検証をする。新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から「新しい生活様式」を意識することが応募の要件。支援額は上限2千万円。市は年間15回以上開催している海上花火大会とは別に、新たに香港・シンガポールのレーザーショーのような5〜10分の花火大会を今年度中に10回程度行う。
小規模で短時間のため、熱海サンビーチの横磯、ムーンテラスおよび他地域でも実施が可能となり、開催日ごとに打ち上げ場所を変える方針。様々な施設から間近に花火が観賞でき、忘年会シーズンの誘客につなげる。
地域の自然や歴史、文化、食などの観光資源や、ガイド付きミニツアーなどを含むイベント事業に全国の自治体から応募があり、県内8事業を含む307事業が第1次に採択された。
(熱海ネット新聞)


■県内各市の採択事業
伊東=ワーケーションのメッカ創出
沼津=臨済宗妙心寺派・大中寺での禅フェスティバル
焼津=さかなセンター起点のマイクロツーリズム
静岡・藤枝=「弥次さん喜多さん」東海道めぐり
熱海=新スタイルの花火大会を核とした夜の賑わい創出
浜松=浜名湖の湖上舞台光のパフォーマンス
富士=イーバイク、自転車活用のサイクルツーリズム

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-1-25

    熱海市で高齢でない成人がコロナ感染 感染経路は県内陽性者との接触/1月25日

    静岡県は1月25日、熱海市に住む高齢でない成人(熱海市87例目、県4256例目)の新型コロナウイル…
  2. 2021-1-24

    熱海富士、序ノ口で優勝 千秋楽の優勝決定戦で連勝 将来の横綱に第一歩

    大相撲初場所は1月24日、東京・両国国技館で千秋楽の取組が行われ、ともえ戦で行われた序ノ口の優勝決…
  3. 2021-1-23

    梅咲けど、熱海梅園の来園者83%減 コロナの影響深刻 市内経済に打撃

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言の影響で熱海梅園で開催中の「梅まつり」の来園者…
  4. 2021-1-23

    齋藤栄市長、県内35市町を代表して知事に緊急事態宣言を要望 知事は難色

    英国で流行している新型コロナの変異ウイルスが静岡県内で確認されたことを受け、県市長会の会長を務める…
ページ上部へ戻る