10月6日、火星が地球に接近 今夜の天体ショー、熱海ネット新聞が先撮り

火星が10月6日、地球に最接近する。国立天文台によれば、火星は地球の外側を楕円(だえん)軌道で公転していて、約2年2カ月ごとに地球に接近。今回は、15年ぶりの近さだった2018年7月31日の5759万キロ(遠い時は1万キロ)には及ばないものの、6207キロまで近づく。
熱海ネット新聞は前日5日〜6日未明にかけて熱海駅周辺から先撮りして天体ショーを写真に収めた。
宵には東の低空に見え、真夜中になると南の空高い位置で見え、マイナス2・6等の明るさで赤く輝く。オレンジ色の木星(マイナス2等星からマイナス3等星)よりも明るくなる。
同天文台によれば、望遠鏡を使えば、かつて運河と間違えられた黒い模様も見えるという。火星は地球の1つ外側の惑星で水が流れていた跡や有機物が見つかっていることから、生命が存在する可能性があるとして、日本をはじめ、各国が観測や探査を強化している。

最接近前後の数週間は地球と火星との距離は大きく変わらず、11月初めまで観察の好機が続く。この機会に、ぜひ熱海から火星を観察してみてください。
(熱海ネット新聞・天体取材班)
天体イラストは国立天文台HPページより
■太陽系惑星の大きさ 木星>土星>天王星>海王星>地球>金星>火星>水星

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-10-23

    熱海の奥座敷・小嵐町に温泉宿「SOKI ATAMI(そき あたみ)」開業

    小田急グループのUDS(東京都渋谷区)は10月22日、熱海市の奥座敷・小嵐町に11月1日開…
  2. 2020-10-22

    全国でも珍しい泊まれる国の登録文化財 旧井上馨公爵熱海邸 初の一般公開 

    熱海市教育委員会は10月22日、文化財所有者の協力で熱海市泉にある国登録有形文化財「旧井上侯爵家熱…
  3. 2020-10-22

    熱海の80代女性がマダニ感染症 静岡県で今年8例目、このうち5例が熱海市

    静岡県は10月21日、熱海市の80代の女性がマダニの媒介によるとみられる「日本紅斑熱」を発症したと…
  4. 2020-10-22

    【お悔やみ】土屋八郎さん(熱海市網代)10月20日死去

    土屋八郎さん(つちや・はちろう)10月20日死去、87歳。熱海市網代。通夜22日午後6時。葬儀23…
ページ上部へ戻る