芸妓衆の「華の舞」 10月17日から公演再開 熱海芸妓見番歌舞練場

熱海芸妓衆のあでやかな踊りが毎週末に楽しめる「湯めまちをどり華の舞」(熱海芸妓見番歌舞練場)が10月17日から再開する。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、2月末から休演してきたが、熱海芸妓置屋連合組合が感染防止策のガイドラインを作成。出演者らの1日2回以上の検温、接客係のフェースガード着用、感染有無の定期的な検査などの予防を徹底して実施する。
また、客席は通常の半分の約50人に制限し、1メートル以上の間隔を確保。公演後に芸妓衆が応じていた顔見世や記念撮影は中止する。来場者にも入場時の検温やマスク着用、手指の消毒を求める。
公演は土曜2回(午前11時、午後1時半)、日曜1回(午前11時)に行う。
(熱海ネット新聞)

https://atami-geigi.jp/_src/46134338/華の舞コロナ対策.pdf?v=1545402167168

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-10-24

    森村誠一さん提唱の「熱海写真俳句撮詠物語」展 起雲閣で開催中

    写真俳句提唱者の森村誠一さんが名誉顧問を務める写真俳句団体「熱海写真俳句撮詠物語」(矢崎英夫代表)…
  2. 2020-10-24

    世界ポリオデー 熱海南ロータリークラブ、熱海駅で撲滅呼びかけ

    ポリオ(小児まひ)の根絶を目指す世界ポリオデーの10月24日、熱海南ロータリークラブ(岸秀…
  3. 2020-10-23

    熱海の奥座敷・小嵐町に温泉宿「SOKI ATAMI(そき あたみ)」開業

    小田急グループのUDS(東京都渋谷区)は10月22日、熱海市の奥座敷・小嵐町に11月1日開…
  4. 2020-10-22

    全国でも珍しい泊まれる国の登録文化財 旧井上馨公爵熱海邸 初の一般公開 

    熱海市教育委員会は10月22日、文化財所有者の協力で熱海市泉にある国登録有形文化財「旧井上侯爵家熱…
ページ上部へ戻る