「ATAMIジオネットワーク」 コロナ禍で中止していた活動を再開 

熱海市のジオガイドでつくる「ATAMIジオネットワーク」(北島鉄修会長)は10月16日、熱海湾で勉強会を開き、新型コロナウイルスの影響で中止していた全体活動を再開した。
山口丸の山口勝則船長の協力を得て、会員10人が船上から横磯港と熱海サンビーチ内の地形を見て回った。周辺の地形の成り立ちなどについてポイントをまとめ、今後のツアーに反映させる。錦ヶ裏と曽我裏のジオスポットも観察する予定だったが、波が高いため、後日あらためて実施することになった。

真田道子さん

勉強会には、伊豆半島ジオパーク推進協議会が実施した2019年度の養成講座を修了し、認定試験に合格した真田道子さん(58)も加わり、熱心に先輩ガイドらの説明にメモを走らせた。
真田さんは昨年5月まで都内の自宅と熱海の別荘を行き来する二拠点生活を続けてきたが、「美しい伊豆の自然や癒しの温泉には、それを裏付ける興味深い理由(ジオ)がある」という静岡大学・小山真人教授の新聞コラムでジオへの関心を深め、家族で市内下多賀に移住。「実際に住んでみると、ジオをきっかけにいろんな方と知り合いになれ、都会での生活とは違う新しい楽しさが広がり、充実した生活を送れている」と相好を崩した。

北島鉄修会長(中央)

北島会長は「2022年のNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』は伊豆や鎌倉が舞台で源頼朝にゆかりの深い熱海の海も登場する。会員には首都圏などから熱海に移住してきた人が多くおり、この人たちの専門的な知識やスキルを活用して持続可能な地域づくりに取り組んでいきたい」と話した。
(熱海ネット新聞)

横磯港

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-10-23

    来宮神社と厄年奉賛会 延期した「浜降り神事」11月23日開催を発表

    来宮神社と厄年奉賛会「令和絆楠會(れいわはんなかい)」は10月22日、コロナ禍と伊豆山地区の甚大な土…
  2. 2021-10-23

    “秋のビール祭り”始まる コロナ禍で延期した「春夏開催分」を代替開催

    新型コロナウイルス感染拡大防止などで延期していた春、夏の「あたみビール祭り」が10月23日と24日の…
  3. 2021-10-23

    静岡6区、第3の候補「維新山下氏」が熱海で街頭演説

    10月31日投開票の衆院選静岡6区に立候補した日本維新の新人の山下洸棋氏(30)が10月22日、熱海…
  4. 2021-10-22

    起雲閣でモロッコ•フェズ刺繍作家・中山奈穂美さん作品展 ART EXPO始まる

    東京都と熱海市の双方に住まいを持つ「二拠点生活」を続けながら、都内でモロッコ伝統の「フェズ刺繍(しし…
ページ上部へ戻る