「ATAMIジオネットワーク」 コロナ禍で中止していた活動を再開 

熱海市のジオガイドでつくる「ATAMIジオネットワーク」(北島鉄修会長)は10月16日、熱海湾で勉強会を開き、新型コロナウイルスの影響で中止していた全体活動を再開した。
山口丸の山口勝則船長の協力を得て、会員10人が船上から横磯港と熱海サンビーチ内の地形を見て回った。周辺の地形の成り立ちなどについてポイントをまとめ、今後のツアーに反映させる。錦ヶ裏と曽我裏のジオスポットも観察する予定だったが、波が高いため、後日あらためて実施することになった。

真田道子さん

勉強会には、伊豆半島ジオパーク推進協議会が実施した2019年度の養成講座を修了し、認定試験に合格した真田道子さん(58)も加わり、熱心に先輩ガイドらの説明にメモを走らせた。
真田さんは昨年5月まで都内の自宅と熱海の別荘を行き来する二拠点生活を続けてきたが、「美しい伊豆の自然や癒しの温泉には、それを裏付ける興味深い理由(ジオ)がある」という静岡大学・小山真人教授の新聞コラムでジオへの関心を深め、家族で市内下多賀に移住。「実際に住んでみると、ジオをきっかけにいろんな方と知り合いになれ、都会での生活とは違う新しい楽しさが広がり、充実した生活を送れている」と相好を崩した。

北島鉄修会長(中央)

北島会長は「2022年のNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』は伊豆や鎌倉が舞台で源頼朝にゆかりの深い熱海の海も登場する。会員には首都圏などから熱海に移住してきた人が多くおり、この人たちの専門的な知識やスキルを活用して持続可能な地域づくりに取り組んでいきたい」と話した。
(熱海ネット新聞)

横磯港

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-1-15

    熱海市で新たに2人がコロナ感染 ともに無症状、50歳代男性と高齢者

    静岡県は1月15日、熱海市に住む50歳代男性と高齢者(性別は公表を望まず)の新型コロナウイルス感染…
  2. 2021-1-15

    あたみ桜の蜜を求め、メジロが飛来 「糸川桜まつり」開幕から1週間 

    熱海市は1月13日現在のあたみ桜の開花状況を発表した。「あたみ桜糸川桜まつり」(〜2月7日…
  3. 2021-1-14

    富士山も祝福 熱海富士、寄り倒しで2勝目 熱海市の滝知山展望台が名所に  

    大相撲初場所は1月14日、東京・両国国技館で5日目の取組が行われ、熱海市出身で東序ノ口25…
  4. 2021-1-14

    熱海市で5人のコロナ感染確認 3人は未成年者、2人は高齢でない成人

    静岡県は1月14日、熱海市に住む5人の新型コロナウイルス感染を新たに確認した、と発表した。このうち…
ページ上部へ戻る