伊豆山神社で「温泉感謝祭」 源泉の長久とコロナ被害からの回復を祈る

熱海市の伊豆山神社で10月19日、伝統行事「伊豆山温泉感謝祭(湯神祭)」(伊豆山神社と伊豆山温泉組合の共催)が開かれた。伊豆山地区の116本の源泉所有者や温泉利用施設関係者が、それぞれの施設でこの日朝くみ上げた温泉をおけや一升瓶に入れて持ち寄り、参列した。
原嘉孝宮司と大鳥居素禰宜の神事に続いて、本殿前のたるに湯を注ぎ入れて捧げ、水と火をつかさどる同神社の御祭神「天忍穂耳尊」(あめのおしほみみのみこと)に泉脈が絶えることなく伊豆山温泉の繁栄が続き、新型コロナウイルスの早期終息を祈願した。
松本義廣組合長は「コロナの影響で伊豆山も熱海も散々な被害を受けているが、我々温泉場は温泉さえこんこんと出ていれば、必ず乗り越えていける。伊豆山神社の神様は伊豆山にとどまらず、熱海、伊豆地区一円の温泉の守り神。ご加護をいただき、1日も早くかつての繁栄を取り戻したい」と述べた。
伊豆山温泉は1300年の歴史があり、日本三大古泉の一つとされる源泉「走り湯」で知られる。
(熱海ネット新聞)
■天忍穂耳尊 火と水を司る神。その力により、温泉を噴出させる大いなる神威を持つ神とされる。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-12-2

    熱海市で新たに2人がコロナ感染 1人は県内陽性者の濃厚接触者

    静岡県は12月2日、熱海市で新たに2人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。1人は高齢者男…
  2. 2020-12-2

    コロナ対策に活用して 熱海市に消毒液寄贈 熱海南ロータリークラブ

    熱海南ロータリークラブの岸秀和会長と大舘節生幹事は12月2日、熱海市役所を訪れ、創立60周…
  3. 2020-12-2

    師走の熱海市 日本最速で春景色 日本一美しい通学路、さくら満開

    県立熱海高校の通学路を兼ねて新たな観光名所にしようと熱海市が15年かけて整備した「さくらの…
  4. 2020-12-1

    熱海市の高齢者がコロナ感染 感染経路は調査中 市46例目

    静岡県は12月1日、熱海市に住む高齢者(65歳以上)の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。…
ページ上部へ戻る