泉明寺みずほ宮司、コロナ収束願い「アマビエマスク」で祝詞奏上 今宮神社例大祭 

熱海市の今宮神社例大祭が10月19日と20日の両日、新型コロナウイルスの感染拡大予防のため、規模を縮小して斎行された。20日は例大祭神事が営まれ、八代一雄氏子総代長ら神社役員、岩崎安行祭典実行委員長ら祭典委員、細田泰秀神輿保存会会長、森井伸幸会長ら厄年奉賛会「今宮新輪朋穣会(しんわほうじょうかい)」の代表など約30人が参列。勝俣孝明衆院議員も東京から駆けつけた。
神事では、泉明寺みずほ宮司が疫病を払う妖怪「アマビエ」を描いた手作りのマスクを着用して地域の繁栄を祈る祝詞に加え、新型コロナの早期収束を願う祝詞も奏上した。
参列者の玉串の奉納に続いて、境内で市指定無形系文化財「獅子神楽」と稚児舞の奉納が行われ、五穀豊穣(ほうじょう)とコロナの1日も早い終息と祈念した。

同神社の例大祭では例年、19日に社殿神楽や神社神輿、厄年奉賛会が担ぐ御鳳輦(ごほうれん)が勇壮に市街を練り歩く「神幸行列」を行うが、多くの人が集うことによる感染拡大を防止するため、練り歩きは中止した。神幸行列の中止は、記録が残っている戦後では初めてという。20日夜の神輿パレードも取りやめた。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-7-24

    ブルネイ選手団 153番目に入場 東京五輪、熱海市のホストタウン相手国

    東京五輪の開会式が7月23日夜、東京・国立競技場であり、熱海市のホストタウン相手国ブルネイ・ダルサ…
  2. 2021-7-23

    「熱中対策ウォッチ カナリア」さっそく投入 炎天下のボランティア支援

    さっそく、新兵器を投入ー。熱海市は7月23日、市内伊豆山の土石流災害で土砂の撤去作業を行う…
  3. 2021-7-23

    熱海市で新たに未成年の男性がコロナ感染 感染経路は不明

    静岡県は7月23日、熱海市に住む未成年男性の新型コロナウイルス感染を確認した、と発表した。市146…
  4. 2021-7-23

    伊豆山温泉、8月20、21日の夏季花火大会も中止 土石流の影響で

    熱海市と伊豆山温泉旅館組合、伊豆山温泉観光協会は8月20、21日に開催を予定していた「伊豆山温泉さ…
ページ上部へ戻る