世界ポリオデー 熱海南ロータリークラブ、熱海駅で撲滅呼びかけ

ポリオ(小児まひ)の根絶を目指す世界ポリオデーの10月24日、熱海南ロータリークラブ(岸秀明会長、会員14人)は、JR熱海前で「ポリオ根絶キャンペーン」を行った。会員8人がボーイスカウト熱海第11団の10人とともにポリオ啓蒙チラシと感染予防マスクを配り、ポリオ撲滅への理解と協力を呼びかけながら募金活動を行った。
紀元前1350年頃のエジプトの絵画にポリオの後遺症の絵があるように、人類とポリオの戦いは3000年以上続いている。国際的な社会奉仕連合団体であるロータリークラブは、1988年に世界保健機構(WHO)とともにから世界ポリオ根絶推進活動を開始。以来、ユニセフ、米国疾病管理予防センターと協働で世界20億人の子供たちに予防接種を行い、感染者は99・9%減少している。
岸会長は「コロナ禍でもポリオへの意識を高めてもらおうと企画した。ポリオで苦しむ子どもがいない世界まであと一歩。世界中のロータリアンと力を合わせて根絶に取り組んでいきたい」と話した。
今年は、新型コロナウイルス感染拡大予防のため、マスクおよびフェイスシールドを着用して実施した。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-12-2

    熱海市で新たに2人がコロナ感染 1人は県内陽性者の濃厚接触者

    静岡県は12月2日、熱海市で新たに2人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。1人は高齢者男…
  2. 2020-12-2

    コロナ対策に活用して 熱海市に消毒液寄贈 熱海南ロータリークラブ

    熱海南ロータリークラブの岸秀和会長と大舘節生幹事は12月2日、熱海市役所を訪れ、創立60周…
  3. 2020-12-2

    師走の熱海市 日本最速で春景色 日本一美しい通学路、さくら満開

    県立熱海高校の通学路を兼ねて新たな観光名所にしようと熱海市が15年かけて整備した「さくらの…
  4. 2020-12-1

    熱海市の高齢者がコロナ感染 感染経路は調査中 市46例目

    静岡県は12月1日、熱海市に住む高齢者(65歳以上)の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。…
ページ上部へ戻る